freecallfreecall

終活サービスにはどのような種類がある?メリットや注意点もご紹介のサムネイル画像

終活サービスにはどのような種類がある?メリットや注意点もご紹介

自らの老いや死と向かい合い、さまざまな準備をする「終活」。しかし、終活の内容は多様で煩雑であり、どうすれば良いのか分からないということも多いのではないでしょうか。この記事では、終活に関するさまざまな準備や手続きを請け負う「終活サービス」についてご紹介します。

公開日 : 2020/07/15

更新日 : 2020/09/10

目次

終活サービスとは?

終活とは、相続や葬儀、身の回りのものの整理など、いずれ訪れる死のための準備全般を指します。また、広い意味ではシニアライフのプランニングや住まいの決定など、老いた後の生活をどのように決め、どのように過ごすかを決めていく行動も含みます。

 

要するに終活とは、「いかに老い、いかに死ぬか」という人生の最期のステージについてじっくり考えることだと言えます。しかし、終活と一口に入ってもその内容は多種多様で、人によって何をすべきか、なにを重視すべきかは大きく違います。また、専門知識や煩雑な手続きが必要なものもあり、自分や家族だけでは進めるのが難しい場合もあります。

 

そのような時、終活を専門に扱う「終活サービス会社」を利用するのも一つの手です。終活サービスで取り扱っているサービスや、終活サービスを利用する代のメリット、デメリット、注意点についてご紹介しましょう。

終活サービスの種類

まずは、終活サービスについて主なものをご紹介します。これは一例であり、全ての終活サービス会社がこれらのサービスを取り扱っているわけではありませんのでご注意ください。

ライフプランニング

世界でも有数の長寿国である日本ですが、それゆえにシニアライフが長く、どれだけの資金が必要となるか不安に思う方も増えています。残された資金によっては、支出のダウンサイジングをしたり、生活を大きく変えなければならないこともあるかもしれませんが、自分ではそういった判断は難しいものです。

 

終活サービス会社の中には、シニアライフのプランニングを請け負うところもあります。専門知識を持つファイナンシャルプランナーが家計を診断し、ライフプランニングを提案してくれます。

生活支援

独り暮らしをしている方を対象に、定期的な安否連絡や緊急時への駆け付けのサービスがあります。また、入院や施設入居の際の打ち合わせの同席や身元引受人を引き受けてくれる会社もあります。

財産整理支援

終活において特に大切だと考えられているのが財産管理です。自身の財産をどのように管理していくか、また、誰にどれだけ相続するかをきちんと考えておく必要があります。相続に関するアドバイスをおこなったり、手続き代行を請け負ったりするサービスをおこなう会社もあります。また、認知症などで判断が難しくなった場合に財産管理を代わりにおこなう「財産管理委任契約」などを結べることもあります。

エンディングノート

終活の一つとして気軽に取りかかれるのがエンディングノートを書くことです。しかし、エンディングノートにはこれといった決まりがないため、どのように書けば良いのか分からないということもあります。

 


終活サービス会社の中には、エンディングノートのオリジナルフォームを提供したり、書き方を教えてくれたりするところもあります。また、エンディングノートを見せたい相手を決め、その相手にのみ閲覧できるようにするサービスもあります。

遺品・生前整理

終活において、葬儀の準備や相続の手続きと並んで挙げられるのが身の回りの整理です。思い入れがあり捨てられない、整理や処分の仕方が分からない、整理ができるほどの体力がない、という場合も終活サービスに依頼すると良いでしょう。取捨選択のアドバイスや、整理・掃除の代行、不用品の処分などを請け負ってくれます。

写真整理

身じまいをする際に意外と面倒なのが撮りためた写真や動画の整理です。終活サービス会社の中には写真や動画を整理するサービスをおこなっているところもあります。また、カメラ屋が終活サービスとしてフォトブックやスライドショーの作成を請け負っていることもあります。残された家族にとっては、きちんとした形で想い出が残されていることは大きな慰めになります。見落としがちな点ですが、サービスを上手に利用して整理しておきましょう。

葬儀関連

最近では自分の葬儀を自分でプランニングされる方も増えています。伝統的な儀式にこだわらず、自分らしい葬儀をしたい、家族に負担がかからないようコンパクトな葬儀にしたいなど、希望もさまざまです。

 


終活サービス会社に依頼すれば、生前に葬儀プランを決めておくこともできます。自分の希望に沿った葬儀を行える葬儀会社の紹介をしてもらえます。また、遺影の写真撮影サービスを提供している会社もあります。プロがメイクをしてくれ、素敵な写真を撮影してくれます。

仏壇・お墓の準備

業者と提携し、仏壇やお墓の手配、霊園や納骨堂の紹介をしてくれます。一般的な埋葬だけではなく、散骨や樹木葬など自然葬や手元供養にも対応してくれます。

死後処理支援

没後の手続きは非常に煩雑で多岐に渡るため、残された家族に大きな負担がかかります。終活サービスでは、没後の事務・相続の手続きも請け負います。

終活サービスを利用することのメリット

終活サービスを利用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。以下に詳しくご紹介しましょう。

やるべきことが整理できる

一口に終活といっても種類はさまざまな上、何をやるべきか、何を重視すべきかは人によって違います。終活サービス会社の専門家に相談することにより、やるべきことのリストアップや優先順位が整理しやすくなります。

専門家に任せられる

終活サービスを利用することのメリットとして、専門家に任せることができるという点があります。例えば遺産相続や名義の変更などは弁護士や行政書士、家のクリーニングや遺品整理はクリーニング業者に依頼するなど、それぞれの専門家に任せることでスムーズに終活が進められます。

一つの窓口に終活全般の相談ができる

現在では終活に関わることをワンストップで請け負う業者も増えています。相続や遺品整理など専門家が必要な場合は、提携している専門家と連携して処理を行ってくれます。

 

終活とは直接関係のない、ちょっとした相談に乗ってくれる業者もあります。特に独り暮らしの方にとっては、頼りになるご近所さんのようで安心できる存在になります。

家族に迷惑をかけずに済む

人が老い、亡くなっていく過程で生じるさまざまな準備や手続きは非常に多様で煩雑です。今までは配偶者もしくは子供が奔走することが多かったのですが、、シニア期では配偶者も高齢であることが多く、また子供は仕事や育児で忙しい年代であり、家族が全てのことをこなすのは難しいです。

 


家族がいるかといって全ての世話を任せるのではなく、一部でも外部に依頼することによって、家族の負担を大きく減らすことができます。家族がいる方こそ、終活サービスを有効に利用すべきだと言えます。

家族がいない場合も安心できる

家族がいない方にとっても終活サービスは心強い味方となります。特に自分の没後に葬儀の準備や事務的な手続きをしてもらえることが大きなメリットです。

終活サービスを利用することのデメリット

終活サービスを利用することにはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。終活サービスのデメリットと、その対処法についてご紹介しましょう。

親族からの理解が得られないことがある

終活サービスは家族の負担を減らせるというメリットがあるとご紹介しましたが、逆に家族に不快感を抱かせてしまうこともあります。「自分に頼ってくれないなんてみずくさい」、「葬儀や相続のことは自分にも相談してほしい」と考える人もいます。家族がいる方が終活サービスを利用する際は、打ち合わせの段階から家族に参加してもらうようにすると、理解を得やすくなります。

費用がかかる

終活サービスを利用する際には、もちろん費用がかかります。それが自分が望むサービスに見合った額なら良いのですが、望んでいないサービスも追加されて余計に費用がかかった、初期費用以外に定期的にお金を払わなくてはならないということもあります。事前にきちんと確認しておきましょう。

個人情報を開示しなければならないことがある

特に相続支援を行っている終活サービスでは、いくら資産を持っているのか情報を開示しなくてはならないことがあります。相続のことがなくても、様々な手続きを行う際には自分や家族の個人情報をサービス会社に伝えなくてはなりません。信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

終活サービスを選ぶ際のポイント

最後に、終活サービスを選ぶ際の注意点をご紹介します。最後の時までの長い付き合いとなる相手ですので、自分の希望に合った会社をしっかり選ぶようにしましょう。

自分に合ったサービスを提供してくれるか

終活サービスには明確な定義がなく、会社によって提供するサービスはさまざまです。先ほどご紹介したワンストップの会社は終活に関する様々なことをまとめて任せられるので便利ですが、望んでいないサービスも盛り込まれており、費用が高くついてしまうこともあります。

 

逆に、一つの会社で希望するサービスが全てカバーされていない場合は複数社に依頼をしなければならず、やはり費用がかさんでしまいます。会社それぞれのサービスを確認し、自分にとって過不足のないサービスを提供してくれる会社を選ぶようにしましょう。

料金設定が明確か

終活サービスの内容は多岐にわたるため、料金形態も複雑です。初期費用のみでOKな会社やサービスもあれば、月々お金がかかる、実際にサービスを利用した際にお金がかかるということもあります。

 

終活サービスとの付き合いは長期化することが多いうえ、遺品整理や葬儀の手配など、高額な費用がかかるものもあります。途中で支払い不能になったり、自分の没後に残された家族が払いきれない費用を請求されることのないよう、明確な料金設定を提示してくれる会社を選び、無理のない支払い計画を立てるようにしましょう。

担当者が親身になって対応してくれるか

終活は非常にたくさんすべきことがあるため、不安になったり混乱したりすることもあるかもしれません。そのような時気軽に相談できるよう、親身になって対応してくれる担当者がいるサービス会社を選ぶようにしましょう。

 

また、自分の没後におこなうことになる葬儀やお墓の準備、各書類や相続の手続きについては、自分で確認することができません。安心して任せられるよう、信頼できる担当者を選び、コミュニケーションを取るようにしましょう。

終活サービスについてまとめ

終活は生前から没後まで、さまざまなタスクが絡み合う複雑なもので、自分だけでは対処しきれないことも多いです。終活サービスを専門的におこなっている業者に相談することによって、やるべきことを整理でき、スムーズに終活を進めることができます。

 

終活によって身辺を整理し、人生をゆっくり振り返ることで、これからの生活がより充実したものになります。終活を円滑に、楽しく進めるための一つの方法として、終活サービスの利用を検討してみるのも良いでしょう。