記事ID1781のサムネイル画像

妊婦は葬式に参加していいの?「鏡」を持っていくのは何のため?

妊娠中に身内や親しい方などに不幸があった場合、妊婦さんは葬式に参列してもよいのでしょうか。また、妊婦が葬式に参列する際は鏡を持って行ったほうがよいという言い伝えがありますが、それは何のためでしょうか。本記事では妊婦が葬式に参列する際の注意点をご紹介します。

妊婦は葬式に参列してもいの?

妊婦はお葬式に参列してはいけない、火葬場に入ってはいけない、お骨を拾ってはいけないと言われることがあります。また、妊婦がお葬式に参列する際は鏡を持っていくとよいとも言われます。

 

なぜ妊婦は葬式に参列してはいけないのか、その理由と妊婦がお葬式に参列する際の注意点を見ていきましょう。

妊婦が葬式に参列してはいけないと言われる理由

妊婦はお葬式に参列してはいけないと言われるのは、「生まれた赤ちゃんにあざができる」「死者があの世に連れていってしまう」などという言い伝えがあるためです。しかしこうした言い伝えはいわゆる迷信であり、実際には妊婦がお葬式に参列しても問題はありません。

 

それではなぜこうした迷信が生まれたのでしょうか。もともとの背景には、妊婦と赤ちゃんの体をいたわるためという意味合いがあったと考えられます。

 

現代のように医療や衛生が発達していなかった時代には、妊婦が出産で命を落とすこともめずらしくありませんでした。密室空間に大勢の人が集まる葬儀場では、妊婦が感染症などに罹患するおそれがあります。また、お葬式では長時間立っていなければならないことも。式の最中に急な体調変化があった場合、式場では適切な処置を受けられません。妊娠中はホルモンバランスの乱れにより感情的に不安定になりやすいという問題もあります。

 

お葬式に参列すると様々な面で妊婦に負担がかかることを考慮し、言い伝えという形で妊婦の葬式参列を戒めたと考えられます。

言い伝えが気になる妊婦さんは鏡を持参しよう

それではなぜ、妊婦さんがお葬式に参列する場合は鏡を持っていくといいと言われるのでしょうか。気になる理由を見てみましょう。

鏡のパワーでケガレを跳ね返す

古来より、鏡には邪悪な力を跳ね返すパワーがあるとされてきました。現代でも、日常的に死と接する機会の多い看護師さんなどの中には、制服のポケットに小さな鏡をいれて持ち歩いている人も多いと言われています。

 

妊婦さんの場合も、お葬式に参列する際に鏡を持っていけば鏡の力でケガレを跳ね返し、お腹の赤ちゃんを守れるとされています。もちろん科学的な根拠はなくあくまで気持ちの問題ではありますが、妊娠中の葬式参列には「縁起が悪いのでは」と多少の不安を感じる方も多いことでしょう。少しでも不安が取り除かれるなら、鏡のパワーを信じて持参されることをおすすめします。

鏡はお腹の部分に入れる

それでは具体的にどのようにして鏡を持っていけばよいのでしょうか。まず、鏡のパワーにサイズの大小は関係ありません。お葬式に持参する鏡は邪魔にならないようコンパクトなものがよいでしょう。

 

鏡は赤ちゃんのいるお腹の部分に入れてください。邪気を祓うために、鏡面を外側にして入れるのがポイントです。鏡は妊婦用の腹巻やガードルなどで押さえるようにすれば安定します。

妊婦さんが持参したいその他の持ち物

鏡は死のケガレを跳ね返すためのものだったのですね。それでは、鏡の他に妊婦さんがお葬式に参列する際に持っていくと安心なものを見ていきましょう。

防寒アイテム

妊婦さんに冷えは禁物。一般に式場は冷房が効いており、夏でも肌寒く感じることがあります。冬場はもちろんのこと、暑い季節でも羽織るものやひざ掛けなど、手早く寒さをしのげるものを持っていくことをおすすめします。

つわり対策用のアメなど

妊娠初期でまだつわりが収まっていない場合、空腹時に吐き気を感じる食べづわりの症状が出ることがあります。食べづわりの場合は、空腹を感じたらとりあえず何か口に入れれば吐き気は和らぎます。吐き気を感じたらすぐ口に入れられるよう、アメやグミなどをバッグに入れておくとよいでしょう。

緊急連絡先のメモなど

妊娠中は、精神的・肉体的な疲れなどで急にお腹が張ってきたり、出血したりすることがあります。参列中に体調に異変が生じたらすぐに対応できるよう、かかりつけ病院の救急外来の電話番号やタクシー会社の電話番号のほか、念のため母子手帳や病院の診察券なども持参すると安心です。

妊婦がお葬式に参列する前にやっておくべきこと

妊婦がお葬式に参列することに問題はありませんが、妊娠中はやはりあらゆる面で普段通りとはいきません。お葬式への参列を希望する場合、事前にやっておくべきことをご紹介します。

医師に相談して許可をもらう

まずはかかりつけの医師に、お葬式に参列してもよいか相談してみましょう。万一ドクターストップが出たら、無理せず参列は見合わせてくださいね。

参列の可否を前もって確認する

妊婦さんのお葬式参列をよしとしない地域もあります。たとえば独自の風習が残る沖縄では、現在でも妊婦さんの葬式参列はタブーとされています。

 

失礼を犯さないよう、地域の風習は尊重したほうがよいでしょう。妊婦の参列が可能かどうか、喪主や故人のご家族にあらかじめ確認しておくと安心です。

妊婦さんが葬式に参列する際のその他の注意点

妊婦さんは疲れやすかったり腰痛になりやすかったりなど、いつも通りには動けないことを念頭に置いておく必要があります。妊婦さんがお葬式に参列する際に注意すべきことをもう一度確認しておきましょう。

体調を一番に考える

妊娠中は、免疫力が下がったり体力が落ちていたりなどで体調を崩しやすいものです。疲れなどが原因で切迫早産や切迫流産になってしまうことも。妊娠後期ならいつ陣痛が始まってもおかしくありません。

 

身内や親しい方など、どうしてもお葬式に参列したい場合もあるでしょうが、やはり生まれてくる赤ちゃんと母体の健康と安全を第一に考えるべきです。お葬式に参列するかどうかは、体調を第一に考えて決めましょう。

遠方のお葬式参加はよく考えて

安定期とされる妊娠中期以降で臨月に入る前であれば、妊婦さんでも新幹線や飛行機に乗ることは可能です。しかし、狭い座席に長時間座っていることでエコノミークラス症候群を発症したり、シートベルトで子宮が圧迫されたりすることがあります。移動中に体調に異変が生じた場合、機内・車内では適切な処置を受けられないおそれがあるだけでなく、到着先でもすぐに医療機関を受診できるとは限りません。

 

特に、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病と診断されている場合は、長距離の移動はなるべく避けたほうがよいでしょう。遠方での葬式の場合は必ず事前にかかりつけ医に相談してください。

手持ちの喪服を着られない場合の対処法

妊娠中期以降はお腹がせり出してくるため、手持ちの喪服が入らなくなることも。マタニティ用の喪服も販売されていますが、一般的に妊娠中のお葬式参列は何回もあることではありません。購入せずレンタルしてもよいでしょう。

 

足元は黒のストッキングを着用するのがマナーです。お腹が出ているのであれば、マタニティ用の黒ストッキングを用意することをおすすめします。靴は安定感を重視し、フラットシューズを選びましょう。

妊婦さんは無理ない方法で故人を偲ぼう

妊娠中であっても大切な方のお葬式には参列し、最後のお別れをしたいと思う方は多いことでしょう。体調に問題がなければ妊婦でもお葬式に参列することに問題はありませんが、一番に考えるべきはやはり妊婦さん自身と赤ちゃんの安全です。

 

参列できない場合は、弔電を打ったり供花を贈ったりすることで弔意を表すことも可能です。無理をせず、体調と相談しながら故人を偲ぶ方法を考えてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ