茨城県の葬儀場を探す

お急ぎ・お困りの方は今すぐお電話ください
TEL:0120-922-468 24時間365日対応通話無料
0120922468

茨城県でよく利用される葬儀場

茨城県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
茨城県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。茨城県では地域によって、葬儀に関する違ったしきたりや風習が残っています。特に茨城県内の出棺の風習には、独特なものが見られます。茨城県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

茨城県の葬儀・お葬式事情

茨城県では自宅で葬儀を行う方が少なく、葬儀社の斎場か公営の斎場で行うことがほとんどです。また東京に近い、県南部の市では菩提寺を持たない方も多く、葬儀形態は茨城県全域でみると、約50%が家族葬となります。

 

そして仏式から神式に変更になった小美玉市や石岡市などでは、葬儀の直前までは仏式で執り行い、葬儀は神葬式で挙げることもあります。

茨城県の葬儀の流れ・しきたり

ここからは茨城県の一般的な葬儀の流れや、今でも各地に残る葬儀のしきたりについてご紹介していきます。

茨木県の葬儀の一般的な流れ

茨城県での葬儀の一般的な流れは、通夜、葬儀、出棺、火葬、骨上げとなっています。そして故人が病院で亡くなった場合は、遺体の搬送と安置、遺体保全処置と枕飾り、納棺から通夜という流れが一般的です。

 

一方で故人が自宅で亡くなった場合は、遺体保全処理と枕飾り、納棺から開始する流れになります。

 

また茨城県の中部、南部、西部では東京と同じように一般会葬者へ通夜振る舞いをする地域が多いですが、北部では通夜振る舞いを行わない地域もあります。南部の土浦市では通夜見舞いの風習があり、香典返しや通夜返礼品とは別に、通夜見舞いでも返礼品をお渡しします。

花輪の横に「盛篭(もりかご)」

葬儀には花輪や供花をお供えするというのは一般的ですが、茨城では「盛篭(もりかご)」として供物を贈る風習もあります。

 

「内盛篭」はかごに盛られており祭壇に飾ります。「外盛篭」は、供物が真ん中に入っている花輪のことで、どちらも日本酒と缶詰を供物とするのが一般的です。

 

ちなみに外盛篭の供物は葬儀後に花輪から取り出され、 手伝っていただいた方たちにお礼として配られるのが一般的です。

縁起が良いとされる「撒き銭」

茨城に残る葬儀の風習の中で代表的なのが「撒き銭」です。現在でも県内各地で行われており、主に水戸市周辺の地域で行われています。庭や墓前で、そのままの状態か、半紙にくるんだ小銭を遺族が参列者に向かって撒くというもの。

 

お金ではなく、キャラメルや飴などの100円程のお菓子を配ることで代用する場合もあります。大往生された高齢者の葬儀などでは、いまだに目にすることができる風習です。

 

まかれた小銭を拾って持ち帰ると、「長寿をした故人にあやかって長生きできる」とされ、縁起が良いと考えられています。かつては故人が生前に働いて貯めたものを返すという意味合いから、棺に向かって投げる地域もあったようです。

出棺時または出棺後の「ざる転がし」

「ざる転がし」といって出棺時または出棺後に、葬儀を行った部屋で竹ざるを転がし、ほうきで庭に掃き出すという風習も残っています。ざるは漏れが多いという意味合いから、「死霊をざるの目から退散させる」という意味があると考えられています。

柩をくるくる回す「柩廻し」

「柩廻し」は、庭か墓前で、棺を3回か3回半、左回りに回す風習です。死者の霊がまた戻って来ないように、方向感覚を狂わせるようにするためと考えられています。

 

「ざる転がし」と同じように、不幸が続かないことを願う想いが込められています。 なお、この柩を回すしきたりは、東京の八王子をはじめ全国各地でも見られる風習のひとつです。

出棺の際、鳩を放す「放生」

茨城県では地域によっては、出棺の際に鳩を空に放す風習があります。これは「放生(ほうじょう)」という仏教の教えに基づくもので、このような善行を行うことにより故人に徳を積ませ、あの世で優遇されるようにとの思いが込められていると言われています。

わら製の人形を棺に入れる

納棺の際に「不幸を連れて行ってもらう」または、「不幸を繰り返さないように」という願いを込めて、棺に人形を入れる地域があります。茨城県の場合は、棺に人形の代わりに藁で作った人形を入れる風習があります。

通夜振舞いには餅、お清めに鰹節を食べる

茨城県の葬儀では、通夜振舞いにはオードブルやお寿司などの料理ではなく、餅やおこわとお酒が出されるのが一般的です。

 

そして葬儀に参列した人は、帰宅した際に、お清めの塩をかけるという風習が全国的に見られますが、茨城県の水戸市などでは、清めの塩と一緒に鰹節を少し食べるという風習があります。

 

鰹節は、口に含むだけの場合もあれば、塩を一緒にかけて食べる場合もあり、地域によってその作法には違いがあります。

探し方が分からない方は
お電話でも承っております
freecall-bannerfreecall-banner

市区町村から探す