新潟県の葬儀場を探す

新潟県の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を
地域・エリア別にご案内いたします。

エリアを選択して下さい

新潟県でよく利用される葬儀場

新潟県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
新潟県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。新潟県では自宅での葬儀が多いことが特徴です。雪国の東北地方が多く行われている前火葬ではなく、後火葬です。また米どころならではの風習も多く残っています。新潟県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

新潟県の葬儀・お葬式事情

新潟市は浄土真宗の門徒が多く、浄土真宗の教えでは故人は極楽浄土へ旅立つため、お祝いするという考えがあると言われています。また、紅白の水引を香典とし、赤飯を振る舞う、赤いロウソクなど、赤を弔事に用いることが多いのも独持の風習ではないでしょうか。

 

新潟市の市街地では、葬儀会場で葬式を行うことがありますが、新潟県全域では、自宅で葬儀をされるほうが一般的です。また、雪国の東北地方では主流の前火葬とは違い、葬儀後に火葬される後火葬が一般的です。

新潟県の葬儀の流れ・しきたり

新潟県は全国的から見ても、しきたりや風習が多い地域ではないでしょうか。お米が葬儀にふんだんに用いられるのも新潟県ならではでしょう。また香典にも独自の風習が見られます。それらも触れて詳しく解説していきます。

新潟県の葬儀・お葬式の一般的な流れ

新潟市は、告別式よりも通夜のほうが多く参列者がいることが一般的です。しかし長岡市では、通夜に参列する人が少なく、葬儀に多く集まる地域があります。関東の通夜振る舞いの席では、早めに退席することがマナーなのに対して、新潟県では、喪主の挨拶が終わるまで参列者は腰を落ち着かせて、故人を偲びます。

 

葬儀の出棺の際は、事前に連絡があった縁深い、親交のあった友人や近親者のみで行われます。また、農村部では出棺のときに葬具を用いて、野辺の送りを風習とする地域があります。

 

火葬後は、遺骨を骨壷ではなく、骨箱に直接納めます。

お通夜の香典袋は紅白の水引

柏崎市の一部の地域では通夜の際、香典袋には紅白の水引をかけた「お見舞い」と表書きされた袋を用いる風習があります。水引はお祝いに用いられることが一般的ですから、地方から見たら驚かれるでしょう。しかし決しておめでたい、という意味ではなく「生前、入院中にお見舞いに行くことが出来なかった事をお詫びします。」という気持ちが込められています。

 

新潟県では、関東地域と同じ香典の表書きに「御霊前」を用いますが、親戚が亡くなった場合の香典の表書きには「御灯明料(みあかしりょう)」としています。

放生の風習

新潟県の農村部に残る風習として、出棺の際に行う「放生(ほうじょう)」という儀式があります。この儀式は、川や池に魚を放ったり、籠の中にいる鳥を空へ放ったりと、捕えた生き物を野に放すことで、善行を行なって故人が徳を積むという、殺生をいさめるための仏教儀式に含まれています。故人が「亡くなってからも、あの世で良く過ごせるように」と遺族の願いが込められた風習です。

火葬の後は赤いロウソク

一般的な葬儀では白のロウソクに火を灯しますが、新潟県の一部の地域では、火葬の直前までは白のロウソク、火葬後の法要からは赤のロウソクが用いられます。これは「この世から故人が仏様になったことがおめでたい」という意味合いがあります。縁起の良い赤を用いることで「葬儀が終わり、縁起が良くなるように」とも言われています。

お赤飯を食べる

新潟県の一部の地域では、葬儀の際に赤飯をおにぎりにして、お箸1本で食べる風習があります。これは「あの世に旅立つ故人が力をつけるため」または「残された遺族が埋葬するために力をつけましょう」と言われています。

 

通夜の際、お米を持ってくるところもあります。葬儀のときは、新潟産のお米で作られたおにぎりと、煮しめのセットが振る舞われ、葬儀がはじまるとすぐに食べることが慣習とされる地域があります。これは「出馬のむすび」という佐渡市で根付いている風習です。

お餅を51個お供えする

新潟県の五泉市では、通夜の際に49個の餅、まんじゅうと大きい餅を2個合わせた51個の餅をお供えする地域があります。これは、人間の関節の数が49個あり、閻魔様から針で関節を刺される試練があるとされて、痛みを和らげるために餅をお供えすると言われています。葬儀後、お餅は参列者が自由に持ち帰ることが出来ます。

freecallfreecall