お問い合わせはこちらから

長崎県の葬儀場を探す

お急ぎ・お困りの方は今すぐお電話ください
TEL:0120-922-468 24時間365日対応通話無料
0120922468
お問い合わせはこちら

長崎県でよく利用される葬儀場

長崎県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
長崎県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。長崎県では前火葬と後火葬が混ざっています。その為、事前にどちらなのかを確認しておかないと故人のお顔を見る事ができなくなってしまう場合もあります。長崎県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

長崎県の葬儀・お葬式事情

九州地方にある長崎県は中華街や洋館、ハウステンボスなどの観光スポットが色々とあります。長崎県では前火葬を行う所と後火葬を行う所があります。地域によって違うので周りの方に確認しましょう。通夜振る舞いは親族のみで行われる場合が多いです。

 

香典返しは葬儀の時にお返しをする即返しの場合と49日の後に行う場合があります。葬儀のお礼品は800円~1000円のコーヒーなどをお渡しする事が多いです。長崎県の葬儀に参列する場合はしきたりなどについて調べておくようにしましょう。

長崎県の葬儀の流れ・しきたり

長崎県ではお通夜は質素に行われる事が多くて、通夜ぶるまいも遺族などの近親者のみで行われる事が多いです。この他にもそれぞれの地域により慣わしがあるので、長崎県の葬儀に参列する場合には周りの方に聞いておきましょう。それでは、詳しく見てみましょう。

【長崎県の葬儀】納骨までの流れ

長崎県の仏式の一般的な納骨までの流れを紹介します。それぞれの地域で違う部分もあるので、長崎県の葬儀などに参列される場合には周りの方に早めに確認して用意をしておくようにしましょう。

 

  1. 1日目は、葬儀の依頼をして自宅か葬儀会社にお願いして安置してもらいます。寺院へ連絡をして役所で手続きを行ったり周りの方に故人が亡くなられた事を伝えます。
  2. 2日目はお供花などを手配して湯灌の儀、納棺のための正装の儀をしてもらいます。葬儀の細かい事を打ち合わせて喪服が無い場合にはレンタルします。その夜にお通夜を行い、通夜ぶるまいを親族に行います。
  3. 3日目はお斎をして葬儀の受付をし、弔電や弔事を読み焼香をあげて故人とお別れします。出棺をして火葬、骨を拾い精進落としを行います。
  4. 葬儀の後には葬儀にかかった費用などを清算して挨拶まわりを行い、供養などの準備を行います。法事を迎えてその後に納骨を行うという流れが一般的です。

長崎県のお通夜

長崎県では「前火葬」と呼び先に火葬をしてから葬儀と、「後火葬」という通夜や葬儀が終わった後に火葬を行う地域が混さっています。その為、前火葬の場合には故人の最後のお顔を見れない場合もあるので事前に確認しておきましょう。

 

東日本ではお通夜で参列者を含めて盛大に行いますが、西日本では遺族と近親者のみで行う事が多いです。長崎県では通夜ぶるまいを遺族や近親者のみで静かに行う事が多いので一般の方は遺族の邪魔にならないように焼香をあげたらすぐに帰るようにしましょう。

 

食事は魚や寿司などは稀なようです。お通夜自体を行わない所もあります。昔、島原全域では通夜ぶるまいで5合~1升の米を近所の方が持ち寄り「御目覚まし」とも言われていました。最近では「御目覚まし」と書いた封筒に800円~千円を入れて持参するようです。

長崎県の出棺の慣わし

長崎県では、出棺の時に柩を回す慣わしや茶碗割りの儀式があります。柩を回して方向感覚を分から無くして迷わずに冥土へ赴き成仏して欲しい。という意味があります。お茶碗を割るのはは故人が使用していたお茶碗を無くし迷わず成仏してほしいという意味があります。

長崎県では火葬場に行くまで白い三角巾を着ける

長崎県の一部の地域では遺族が火葬場へ向かう時に白い三角巾を額に付けたり頭に被ったり、綿帽子を被っていきます。これは「天冠や宝冠」と言われる死装束で白い色はこの世とあの世を結ぶ象徴と考えられています。

 

故人は死装束をしているので同じ白い布を付ける事で途中までは一緒に見送れますが、その先は一人で旅立って下さい。という思いで行われています。このとうな習わしは他の地域でも見られます。

長崎県のは水かけぎもんという習わしがある

長崎県の一部の地域では「水かけぎもんや逆さぎもん」と言われる習わしがあり、故人の着物や衣服を裏返しに吊るして、一週間水をかけて常に濡らした状態にします。死の穢れを水で清めるという考えで行われているようです。

長崎県のその他のしきたりについて

長崎県では焼香の時に「焼香銭」として祭壇の近くや受け盆に小銭を置く習わしがあり、さい銭箱を用意している所もあるようです。念の為に小銭を持参しておきましょう。また、前火葬を行う時には早朝より骨を焼くようです。

探し方が分からない方は
お電話でも承っております
freecall-bannerfreecall-banner

市区町村から探す