青森県の葬儀場を探す

青森県の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を
地域・エリア別にご案内いたします。

エリアを選択して下さい

青森県でよく利用される葬儀場

青森県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
青森県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。雪深い青森県では、昔は親戚が集まるにも時間がかかることもあり、遺体の損傷を考慮し通夜の前に火葬を行う「前火葬」という特徴があります。青森県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

青森県の葬儀・お葬式事情

本州最北端の県である青森県は、三方向を海に囲まれた自然豊かな県です。しかし、積雪量はとても多く、交通網が発達する以前は冬場の移動が困難なため、独特の葬儀様式文化を形成してまいりました。

 

県内は、青森市・弘前市を中心とした津軽地方、むつ市を中心とした下北地方、八戸市を中心とした南部地方があり、同じ県内であっても葬儀の流れに若干の違いがあるほどです。

 

この様な地域特有の文化や葬儀の仕方は、青森県全域に見られる「前火葬」、津軽地方に見られる「もがり」など、青森県独自のしきたりとして今でもこの地域に根強く残っています。ここではこの「前火葬」や「もがり」をふくむ青森県の葬儀における風習について解説していきます。

青森県の葬儀の流れ・しきたり

青森県の中でも、津軽地方を中心とした地域では、一般の弔問客は通夜に参加して葬儀・告別式は遺族や近親者で行う場合がほとんどです。

 

しかし反対に、八戸市を中心とした南部地方では、通夜を遺族や近親者で行い一般の弔問客は葬儀・告別式に参加します。

 

この様に、同じ県内においても葬儀の流れやしきたりに違いがある青森県ですが、その他にも地域特有のしきたりがありますので、以下に解説していきます。

前火葬が一般的

青森県では、火葬を行った後に葬式・葬儀を行う「前火葬」が一般的です。この前火葬は、青森県だけでなく東北の全地域に見られる葬儀様式です。

 

これはその昔・東北地方の交通網が十分に整備されていない事・冬の積雪による移動の困難な状況・そもそも広大な土地のため移動時間がかかる、などの理由から葬儀にすぐに駆けつける事ができなかった事が起因し、青森県の風習として今日まで受け継がれています。

 

「前火葬」は最初に火葬を済ませる事で、日をおいてからの葬儀が可能です。これにより、時間経過によるご遺体の損傷を気にすることなく、遠方から駆けつける葬儀参列者を待つ事もできます。この様に「前火葬」とは青森県の厳しい自然環境から生まれたしきたりと言えるのです。

「もがり」と呼ばれるしきたり

青森県の葬儀で、特有の風習として挙げられるものに「もがり」があります。これは葬儀の際に、1.5メートル程の木の棒を交差させて、×の文字を形どりこれを門前に飾る習慣です。

 

この「もがり」という風習、実は古代の日本には多く存在する風習で、故人を埋葬前に小屋などの別室に移し、一定期間を遺体と共に過ごすというものです。

 

太古の日本では、故人の甦りを祈る場という意味合いがありましたが、現代では故人の死を悼む祈りの象徴として、青森県の葬儀に引き継がれています。

骨壺に収めずに納骨する

通常火葬場でお骨上げされた骨は、骨壺に収められた状態で納骨されますが、青森県では骨の状態で埋葬します。

 

上記でも触れたように、青森県では前火葬が一般的です。そのため、お骨は火葬された後一旦は骨壺に収められますが、埋葬時に骨壺から取り出して直接お墓に収められる事になります。

 

これは「お墓の中で、ご先祖様同士が寄り添って眠る」「人間が亡くなったあとは、土に帰る」という考えに起因する風習です。

葬儀の日に香典返しを行う

青森県の葬儀では、香典を頂いた際のお返し品は香典返しを兼ねている場合がほとんどです。そのため、この風習は「即日返し」「当日返し」とも呼ばれています。

 

この様に、葬儀会場ですぐに香典返しを頂くため、四十九日後に届く香典返しはありませんし、葬儀会場の受付で記帳する習慣が無い場合もあります。

 

香典返しの内容は、海苔の詰め合わせやお茶を送る場合が多く、高額な香典を頂いた方や親族などには後日改めてお返し品を送ります。この様な香典に関する変化は全国的にも増加傾向にあり、青森県ではそれを先駆けて行っている県と言えます。

 

南部地方は一般の方であっても新聞に死亡広告をだす

青森県の南部にある八戸市では、一般の方であっても地元紙のお悔やみ欄に死亡広告を掲載します。これは通夜を近親者で行い、告別式に多くの参列者を募るというこの地域特有の葬儀順序が関係しているためです。

freecallfreecall

青森県の葬儀場・斎場・火葬場を探す

エリアを選択して下さい