富山県の葬儀場を探す

お急ぎ・お困りの方は今すぐお電話ください
TEL:0120-922-468 24時間365日対応通話無料
0120922468

富山県でよく利用される葬儀場

富山県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
富山県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。富山県では友引にも葬儀を行います。また、お通夜の後の通夜振る舞いではオードブルなどの料理が多いです。富山県の葬儀の風習について紹介しているので富山県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

富山県の葬儀・お葬式事情

富山県は本州の中央部に位置しています。四季の移り変わりにより綺麗な景色を楽しめます。山々からは綺麗な水が生まれています。友引の日に葬儀を行わない地域が多いですが、富山県では関係なく葬儀を行います。富山県の葬儀の風習やしきたりについて詳しく見てみましょう。

富山県の葬儀の流れ・しきたり

富山県の葬儀はどのような流れで進むのでしょうか?また、独自のしきたりなどはあるのでしょうか?今回は富山県の葬儀の流れやしきたりについて詳しく解説していますので確認してみてください。

富山県では友引にも葬儀を行う

不幸は突然訪れるので亡くなる日を選ぶことはできませんが、葬儀が友引と重なる日は1日伸ばすという方も多いです。富山県では友引の日も葬儀を行うのですが、この時に棺の中に身代わりの人形を入れる風習があります。


友引は本来「共引き」と書いて「共に引く」や「喧嘩はやめよう」という意味でした。この「共」が「友」に変わり、友にあの世に連れて行かれるという意味になった為、身代わりの人形を入れる風習が生まれたと考えられています。

富山県の通夜振る舞いはオードブルなどが多い

「通夜振る舞い」とは、お通夜が終わった後に故人と最後の食事を家族や親戚などと共にすることです。これで故人と最後のお別れをしたと考えられます。通夜振る舞いには飲食以外にも弔問客にお菓子を持ち帰ってもらう所やお茶などを出す地域もあります。


富山県富山市の通夜振る舞いでは何人集まるのかはっきりと分からないのでオードブルの盛り合わせとお寿司などが振る舞われる場合が多いです。また、弔問客にはお通夜菓子を持ち帰ってもらうことが多いです。

 

富山の葬儀の流れ

富山県の仏式葬儀の主な流れを紹介します。葬儀と告別式を一緒に行う場合が多いです。

1.受付開始:葬儀が始まる1時間前には準備を終えます。2.遺族と親族が着席:遺族は10分前に着席します。3.会葬者着席:僧侶が入場するまでに会葬者を席に誘導します。

 

4.僧侶入場:僧侶が入場されるので拝礼してお迎えします。5.開式:司会者が開式の言葉を述べます。6.僧侶の読経・焼香:読経は30~40分程です。焼香は宗派や地域により異なりますが「ご焼香を」などと言われたら行います。

 

7.弔事:代表者により弔事を朗読します。8.弔電代読を行います。

9.喪主の挨拶:会葬者にお礼の挨拶をします。10.閉式:司会者が閉式の言葉を述べます。儀式の流れは地域により異なります。

富山の通夜

富山の仏式のお通夜の流れを紹介します。
1.受付開始:葬儀が始まる1時間前には準備を終えます。2.遺族と親族が着席:遺族は10分前に着席します。3.会葬者着席:僧侶が入場するまでに会葬者を席に誘導します。

 

4.僧侶入場:僧侶が入場されるので拝礼してお迎えします。5.僧侶の読経・焼香:読経は30~40分程です。焼香は宗派や地域により異なりますが「ご焼香を」などと言われたら行います。6.僧侶の法話:静かに拝聴します。7.喪主の挨拶:弔問客にお礼を述べます。

四華花を用意する

富山県のお葬式では、四華花もしくは死華花(しかばな)を用意して祭壇に飾る方が多いです。四華花は木の棒に細長く切った紙を沢山挟んだものです。富山県の東部では白と黒、西部では白と緑の四華花をお供えします。


四華花の由来はお釈迦様が亡くなった際に、その死を悲しんだ沙羅双樹が真っ白な花を付けて遺体を覆ったことです。四華花は葬列で親族が悲しみを表すために手に持ったり棺の四隅に置かれたりして使用されます。

喪主と遺族が白装束を着用する

富山県の呉西などでは、火葬場に行く時に喪主と遺族が白装束を着用するという風習があります。昔、日本では喪服は白い色の服とされていて、黒はめでたい席で着用するものだったのでその名残と考えられています。明治時代の英照皇太后の葬儀では初めて黒を着用されました。

善の綱とは

富山県には善の綱(ぜんのつな)という風習があります。善の綱とは、出棺の際に柩に白いさらしの布を結んで遺族が端を持ち引くという風習です。布を引くのは故人を善いところへ導くという意味で行われています。

 

白いさらしの布を引くのは近親者の女性や子供の場合が多いです。これは昔ながらのやり方で近年ではこうした風習を行うことが少なくなったり、白い布を手に持つことで代用する場合も多いです。

その他の富山県の葬儀のしきたり

その他の富山県の葬儀のしきたりを紹介します。富山県高岡市では参列者が焼香を行う前に遺族が退席します。また、浄土真宗本願寺派の葬儀が多いことや濃い親族から供養物をして名前を書くこと、会葬者に餅を出すといったしきたりがあります。

富山県の葬式の香典について

富山県の葬式の場合、香典はどの程度包んだら良いのでしょうか?また、初七日の場合など香典袋はどのようなものを選べば良いのでしょうか?富山県の香典の相場や香典袋の選び方、香典返しなどについて解説しています。

富山県の香典の金額

富山県の香典の相場はどの程度なのでしょうか?香典は故人との関係や付き合いの深さ、年齢、宗教などにより異なりますが一般的な相場を紹介するので参考にしてみてください。ご近所の方の場合は3000~5000円程度です。

 

ご友人や知人の場合は5000~1万円程度です。会社関係の方の場合は5000~1万円程度です。ご親戚の場合は1万円~3万円程度です。血縁の深いご親族の場合は5万円~10万円程度です。富山県では地域に相互扶助制度があるので香典を多めに包む方も多いようです。

 

香典収入ランキングでは富山県が全国1位で葬儀にお金をかける方が多いようです。香典も多めにいただく場合が多いので香典で葬儀費用が賄える場合もあるそうです。富山県の葬儀に参列する場合には周りの方に香典の金額について尋ねておくと安心です。

富山県や富山市の香典返し

富山県富山市の場合の香典返しは当日返しが一般的です。香典の額に関わらず、同じ返礼品をお返しします。香典の金額により後で反返しするという風習はありません。香典返しの金額は2千円~3千円のものが多いです。

 

後返しをする地域では大きな金額を頂いた場合には、49日の忌明けを迎えるのに合わせてお礼状を添えて2分の1~3分の1程度お返しします。富山県富山市だけでなく富山県全域で、香典返し以外にお通夜の当日のみに弔問者が帰られる際にお通夜菓子をお渡しするという風習があります。

 

これには弔問者にお茶も出さずに申し訳ないといった気持ちが込められています。また、行われない地域もあります。お渡しする品物はお茶とお菓子の詰め合わせを小箱にセットされたものが多く、500円~600円くらいの商品が多いです。

富山の初七日に使用する香典袋

初七日法要とは故人の命日を1日目として本来は7日後に行われる法要のことです。全国的にも葬儀の当日に一緒に行われることが多く、葬儀終了後に行われます。その際にお渡しする香典は富山市では表書きを「御佛前」として黄色の水引の封筒を使用することが多いです。

 

葬儀の香典は「御香典」として黒白の水引の封筒に入れます。このように葬儀と初七日法要の香典は封筒を分けて渡すのが一般的です。渡すタイミングは「御香典」と一緒に「御佛前」も受付に渡すと良いです。つまり、香典袋は分けて渡すのは一緒で構いません。

 

49日までは表書きを「御霊前」とし、黒白の水引の封筒を用いるのが一般的と考えられる地域も多いですが、富山市では浄土真宗の菩提寺であることが多いため表書きに「御霊前」は使用されない場合が多いです。富山県の葬儀に参列する場合、香典の書き方も確認しておきましょう。

富山県の葬儀に参列する際は事前に確認する

富山県では告別式にが一般の方が参列する場合が多く、葬儀が終了するまで同席することも多いです。近年では葬儀のしきたりや風習が薄れている場合もありますが、地域により様々な風習があるので富山県の葬儀に参列する場合には風習などについて周りの方に確認しておきましょう。

探し方が分からない方は
お電話でも承っております
freecall-bannerfreecall-banner

市区町村から探す