島根県の葬儀場を探す

島根県の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を
地域・エリア別にご案内いたします。

島根県でよく利用される葬儀場

島根の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
島根の葬儀・お葬式事情についてまとめました。島根では前火葬や夜伽、忌中に竹を立てるなど、特徴的な風習があります。その独特のしきたりは、神の国島根らしい、神への信仰や土地の生活に関係するものばかりです。島根で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

島根の葬儀・お葬式事情

島根県は山陰地方にある県で、鳥取県、広島県、山口県に挟まれています。「何があるか分からない県」で堂々一位を獲得したこともある県ですが、様々な魅力がいっぱいです。

 

まず、何と言っても有名なのが出雲大社です。大しめ縄で有名な神楽殿を始めとした荘厳な建立物の見ごたえは十分。縁結びのパワースポットとして、若い女性にも人気の場所です。

 

他にも、日本庭園の美しい足立美術館庭園、宍道湖のシジミや出雲そばなど、様々な観光地やご当地グルメを楽しむこともできます。

 

神の国として知られる八雲立つ出雲の国、島根。そこでは古くから引き継がれてきた様々な風習が今も色濃く残されています。

 

お葬式もその例外ではありません。島根に伝わるちょっと変わったお葬式のしきたりについて、今からご紹介していきましょう。

島根の葬儀の流れ・しきたり

島根には葬儀にまつわる独特の風習も残っています。理由を知ると古来の風習を色濃く残しているもの、土地の生活に適したものなど納得できるものばかりです。

 

島根の一般的な葬儀の流れと、独特のしきたりについてご紹介していきましょう。

島根の葬儀・お葬式の一般的な流れ

地域にもよりますが、島根ではお葬式の流れが一般的なものと少し異なっています。一般的には、葬儀の後に火葬がおこなわれ、四十九日や一周忌などの法要を区切りとして納骨をおこないます。

 

しかし、島根では「前火葬」と言って、葬儀の前に火葬をおこなう地域があります。。また、火葬後すぐに納骨する「当日納骨」がおこなわれている地域もあります。

 

島根の葬儀には、他にも特徴的な風習があります。前火葬や当日納骨と併せて、次項で詳しくご紹介していきましょう。

通夜の時間が決まっていない

一般的なお通夜は、臨終後の夜18~19時頃から始まり、読経やお焼香、通夜振る舞いを含めて1時間程度で終了します。

 

しかし、島根では通夜の時間は決まっていません。弔問客は好きな時間に焼香に訪れるので、夜通し通夜がおこなわれることもあります。

 

島根の通夜は「夜伽」とも呼ばれます。これは「夜通しそばに付き添うこと」を意味しています。通夜も「一晩中」という意味がありますので、本来通夜や夜伽は、亡くなった人に寄り添い、一晩中行われるものです。島根はその昔からの風習を今も残している地域だと言えます。

 

しかし、現在ではセレモニーホールなどで夜伽をおこなうようになり、他県の通夜と同じく、時間を決めて実施することが多くなっているようです。

葬儀の前に火葬を済ませる

先ほどご紹介した通り、島根では葬儀の前に火葬をおこなう地域が存在します。このように、葬儀の前に火葬することを「前火葬」と言います。葬儀の際には棺桶ではなく、お骨をまつります。

前火葬をおこなう地域は他にもありますが、「葬儀にすぐに駆け付けられない」という共通点があります。例えば東北では前火葬がおこなわれますが、これは雪深い地域のため、すぐに親戚が集まれないことが理由となっていると考えられています。

 

また、漁師町でも前火葬がおこなわれます。一度漁に出てしまうとすぐには帰れず、すぐにおこなわれる葬儀には参列できません。

 

そのような場合、親戚が集まるまで火葬を延ばしていると、ご遺体が傷んでしまいます。そのため先に火葬し、葬儀はお骨をまつっておこなうというわけです。

島根の場合は漁が盛んなため、前火葬が取り入れられていると考えられています。

当日に納骨をする

先ほどご紹介した通り、島根では当日納骨がおこなわれることが多いようです。理由ははっきりしていませんが、土葬時代からの名残が残っているのかもしれません。

 

また、島根では骨壺からお骨を出し、お骨だけお墓に入れるという風習があります。普通の骨壺はお墓に納めるため4~5寸(約12~15センチ)の小さなものですが、島根の骨壺は7寸(約21センチ)と大きいものが多いようです。

 

 

精進落としに赤飯が出る

島根では精進落としに赤飯を出す地域があります。おめでたい時に食べるイメージの強い赤飯ですが、元々は厄落としの意味を持ち、お葬式に食べられるものでした。

 

神の国として知られる島根では、そうした古い風習が色濃く残っているのかもしれません。

忌中のしるしに竹を立てる

忌中の際に「忌中」と書いた紙を門前に掲げる、というのはどの地域でもあります。しかし、島根県の松江市などの一部地域では、忌中の印に門の両脇に竹を立てます。


門に竹を立てるのはお正月の「門松」が一般的なので、こちらも赤飯と同じくふしぎな感じを受けるかもしれません。しかし、竹には赤飯と同じく「邪気をはらう」力があると考えられています。門に竹を立てることで門を清め、邪気が家の中に入らないようにしているのです。

freecallfreecall