沖縄県の葬儀場を探す

沖縄県の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を
地域・エリア別にご案内いたします。

エリアを選択して下さい

沖縄県の市区町村
沖縄県の市区町村

沖縄県でよく利用される葬儀場

沖縄県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
沖縄県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。お通夜の服装が普段着で行く事やお通夜よりも葬儀が重要視されている事など本州とは違う慣わしがあり、沖縄県に引っ越しされる場合などには驚く事も多いです。沖縄県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

沖縄県の葬儀・お葬式事情

暖かい気候と綺麗な海で観光にも人気のある沖縄県ですが、沖縄県のお葬式は他の都道府県とは違い、独自の風習があります。仏式以外にも沖縄県の御願文化が主軸になっているのでその違いに驚く方も多いです。

 

本州では葬儀のお供え物には肉料理などの殺生を想像させるものはお供えしませんが、沖縄県の場合は枕飾りや葬儀、法事などのあらゆる場面のお供え物に豚の三枚肉を茹でたものが備えられます。

 

このように独自の慣わしがある沖縄県ですが、今回は沖縄県の葬儀について詳しく解説しています。引っ越しなどで沖縄県に行かれる場合には、葬儀や葬儀事情について調べておくと安心ですので参考にしてみて下さい。

沖縄県の葬儀の流れ・しきたり

沖縄県では他の都道府県とは違いお通夜や葬儀、告別式、法要などで独自の文化があります。沖縄県に引っ越す場合などにはどういったしきたりがあるのかや葬儀などの流れについて理解しておくと安心です。それでは、詳しく見てみましょう。

沖縄県の葬儀・お葬式の一般的な流れ

沖縄県の一般的な葬儀の流れを紹介します。沖縄県では葬儀が終わると様々な法要があります。法要の事を「スーコー」と呼びます。様々なスーコーがあるので周りの方や親戚などに聞きながら準備するようにしましょう。

 

  1. ご臨終されたら医師や警察の指示に従い対応します。
  2. 葬儀社に手配をします。業者には専門業者や互助会、生協、JAがあります。
  3. ご遺体を北枕にして搬送します。枕飾りや神封じを行います。
  4. 納棺を行いお通夜を行います。大体亡くなられた日の夜に行い、火葬まで日にちがたってしまう場合には仮通夜や本通夜を行います。
  5. 出棺して火葬します。葬儀や告別式を行い納骨します。
  6. 死後7日ごとにお墓参りを行い、その後は年忌法要を行います。

沖縄県の葬儀式の流れ

沖縄県の葬儀式の流れを紹介します。沖縄県では葬儀式の後に告別式を行う場合が多いです。

 

  1. 喪主や遺族、近親者は先に会場に行き着席して参列客を迎えます。
  2. 開式の挨拶をします。大体は葬儀会社が司会を行います。
  3. 僧侶が入室してお経をあげます。
  4. 喪主、遺族、近親者の順に焼香をあげます。
  5. 僧侶が退室して閉会の挨拶を行います。

沖縄県の告別式の流れ

告別式の流れを紹介します。

 

  1. 喪主と遺族の席を移動させて参列客と向かうように座ります。
  2. 開会の挨拶を行います。
  3. 弔辞や弔電が読み上げられます。
  4. 喪主か遺族の代表者が挨拶をします。
  5. 遺族は焼香を行いませんが参列客は焼香を行います。
  6. 閉会の挨拶を行います。

【沖縄県のお通夜】挨拶をするだけの家が多い

沖縄県ではお通夜の際にお経をあげる家は少ないです。一晩中お線香の火を灯し続けるウコールという香炉の番をします。その間に弔問に訪れる方もいます。弔問に行く場合には挨拶をするくらいで帰ります。その為、喪服ではなく地味な普段着で訪れる方がほとんどです。

沖縄県の葬儀では納骨式も行う

沖縄県では葬儀の後に納骨式も行う場合が多いです。納骨式では、ヒジャイガミ様へのうーとーとーという儀式があります。「うーとーと」とは拝みの事です。その為、なるべく動きやすい服装で参加する方が良いです。

沖縄県の葬儀では女性は手伝う方が良い

関係が深い場合には女性は葬儀の手伝いを申し出る方が良しとされています。 手伝う場合には黒いカバンに黒いエプロンやスリッパを準備して持参するようにしましょう。今後もお付き合いしやすいように、積極的に手伝う方が良いです。

沖縄県の葬儀の供花について

供花を贈る場合には香典は贈らないのが一般的です。ですが、地域により香典も併せて用意する場合もあり1000円~3000円程度の香典を持参します。周りの方に確認してから準備をしましょう。

香典や参列できない方

沖縄県ではお通夜ではなく葬儀で香典を渡す場合が多いです。故人の友人や知人の場合には1000円~3000円程度包む事が多く、金額は多くても5000円程度で良いです。地域により香典の額を決めている場合もあるので分からない場合には周りの方に聞いてみましょう。

 

また、妊娠中の方やその家族、家やお墓を建築中の方、故人と干支が同じ方は穢れを受けないように参列しない方が良いと言われていて、参列が難しい場合には香典を参列できる方に預けて故人や遺族を悼んでいます。

freecallfreecall

沖縄県の葬儀場・斎場・火葬場を探す

エリアを選択して下さい

沖縄県の市区町村
沖縄県の市区町村