お問い合わせはこちらから

岡山県の葬儀場を探す

お急ぎ・お困りの方は今すぐお電話ください
TEL:0120-922-468 24時間365日対応通話無料
0120922468
お問い合わせはこちら

岡山県でよく利用される葬儀場

岡山県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
岡山県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。岡山県では、昔から続いている岡山県特有の風習やしきたりが多く見られます。これらの風習やしきたりについて、今回ご紹介していきます。岡山県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

岡山県の葬儀・お葬式事情

岡山県は、中国地方にあり、南部の平野部は瀬戸内海に面していますが、中部は吉備高原が広がり、北部は山陰と山陽を分ける中国山地と、様々な環境・気候が見られる県でもあります。このため、葬式や葬儀の風習についても地域により、異なったものがあります。

 

基本的には「後火葬」が一般的ですが、一部の地域では「前火葬」(骨葬)を行うところもあります。また、近年は「家族葬」や「直葬」を選ぶ方も増えており、色々な形式の葬儀が行われています。

岡山県の葬儀の流れ・しきたり

岡山県には特有の風習が数多くあります。ここからは、岡山県の葬儀の流れと特有の風習について見ていきましょう。

岡山県の葬儀・お葬式の一般的な流れ

岡山県では、全国で一般的に行われている葬式と同様に、通夜、葬儀・告別式の後で火葬を行う「後火葬」です。一部の地域では、まず火葬を行い、その後通夜、葬儀・告別式を行う「前火葬」(骨葬)もあります。葬儀に参列される場合は、事前に確認しておきましょう。

夜伽(よとぎ)とは?

岡山県では、通夜のことを「夜伽」(よとぎ)または、「伽」(とぎ)と呼ばれることがあります。「夜伽」とは、もともと夜通し寝ずに誰かの付き添いをすることを表す言葉ですが、この場合は、故人が寂しくならないように、近親者が一晩中葬儀まで見守るという意味になります。

 

厳密には、通夜に行う儀式が「夜伽」ということになりますが、同じ意味の言葉として考えて良いでしょう。

 

立飯(たちは)とは?

葬儀の後、出棺前に故人と最後の食事を供にすることを岡山県では「立飯」(たちは)と読んでいます。一般的には「精進落とし」と呼ばれます。美作地域での「立ち飯」は儀式として、僧侶と喪主がお米や塩を食べるふりをするそうです。

 

また、立ち飯の後に、故人の愛用していた茶碗を割る「茶碗割り」という儀式も行われます。これらの風習は、故人がこの世に未練を残さず、成仏できるように願いを込めて行われるものです。

七本塔婆(しちほんとうば)とは?

塔婆とは、お墓の後ろに立てる木の札で、故人の冥福をお祈りする追善供養に使用されるものです。通常、法事やお墓参りなどの法要の際に1本立てます。

 

岡山県では、火葬の当日に納骨も行う場合、7本の塔婆を用意しておき、初七日から7日間ごとに四十九日まで塔婆を1本づつ立てて供養を行うという風習があります。この風習を「七本塔婆」といいます。

 

故人は、四十九日に閻魔大王の裁きを受けて、良い行いを認められたものは極楽浄土に生まれ変わるとされています。この四十九日まで7日間ごとに塔婆を立て供養を行うという生きている者の善行により、故人の功徳も積まれるという考えがあり、行われています。

放生(ほうじょう)とは?

放生(ほうじょう)とは、故人の子や孫が、鳥や魚などの生き物を逃すことにより、その生き物の命を助けることで故人の功徳を積むことができるという考えの元に行われます。この儀式は、仏教儀式の「放生会」(ほうじょうえ)を起源とするともいわれています。

 

岡山県でも一部の地域、農村部でこの放生が行われています。

 

置き布とは?

岡山県には、「置き布」という風習があります。故人が生前に着ていた着物を身内の女性が持ち出棺に立ち会うといったものです。この着物は、葬儀が終わった後、菩提寺に納められます。また一部の地域では、出棺後は、棺が置かれていた部屋にざるを転がすことにより清めるといった習慣もあります。

くがいとは?

岡山県西部の備中地方においては、香典のことを「くがい」と呼びます。備中地方では農村が多く、現金の代わりにお米を香典で渡していたことの名残と言われています。また、香典返しは「茶の子」と呼ばれ、熨斗にも「茶の子」と書きます。

 

この「茶の子」とは、一般的にはお茶請けに出すお菓子をいいますが、中国地方や四国地方、九州地方では一部の地域で法要の際のお返しの呼び名ともされています。

探し方が分からない方は
お電話でも承っております
freecall-bannerfreecall-banner

市区町村から探す