熊本県の葬儀場を探す

熊本県の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を
地域・エリア別にご案内いたします。

エリアを選択して下さい

熊本市 エリア

熊本県でよく利用される葬儀場

熊本県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
熊本県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。熊本県では「前火葬」が多い地域ですが「後火葬」の地域もあり、火葬方法は混在しています。また、地域性の豊かさから独特の風習が多いという特徴があります。熊本県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

熊本県の葬儀・お葬式事情

九州地方第二の都市、熊本市を擁する熊本県は世界有数のカルデラを持つ阿曽山を筆頭に、美しい自然と機能的な都市が共存する県として有名です。また阿曽山からの湧き水が県内の1000箇所以上から湧き出るため、「水の国」とも呼ばれています。

 

県民の多くは、昔からの伝統文化を大切にする気質があるため、熊本県には昔からのお祭りが色濃く現代にも継承されています。この様な県民気質から、葬儀・お葬式に関しても熊本県は、昔からの風習やしきたりが今でも行われている地域です。

 

そのため、同じ熊本県と言ってもその地域により葬儀事情は異なります。例えば、熊本県の中でも火葬方法が「前火葬」と「後火葬」の地域に分かれていたり、香典返しも葬儀の際に行う地域もあれば、四十九日法要で行う地域があるなど、その土地に根ざしたしきたりが、変わらずに引き継がれているのが熊本県の特徴です。

熊本県の葬儀の流れ・しきたり

それでは、実際に今でも継承されている、熊本県のしきたりを見ていきましょう。熊本県の葬儀で一番特徴的な点は、葬儀の前に行われる「前火葬」です。全国的には、すべての葬儀を終えてから火葬を行う事が一般的ですが、熊本県の多くの地域では葬儀を行う前に火葬を行います。

 

そのため、県外からの弔問客は葬儀日程を確認しないままお葬式に参加すると、既に火葬が行われてた後で、個人に対面できなかったなどのトラブルになる可能性があります。ただし、熊本県下でも「後火葬」の地域があるため、葬儀に参列する際には火葬についての確認は必ず行いましょう。

出棺の際、茶碗を割って柩を回すしきたり

西日本全体で見られる出棺の際に柩を回すしきたりですが、熊本県では「三度回し」と呼ばれ、同じく出棺の際に柩を三度回します。

 

これは、魂になった故人が家に戻ってこれなくするため、方向感覚を無くすことが目的で行われる風習で、この三度は「過去・現在・未来」を意味し、「迷わずに冥途へ行き成仏して下さい」という思いが込められた儀式です。

 

このほかでは、出棺の際に故人が生前に使用していたお茶碗を割る「茶碗割りの儀式」と呼ばれる風習もあります。これは、「あなたのお茶碗はもうこの世に無いので、迷うことなく成仏してください」という願いが込められた儀式です。

 

夜伽見舞いという風習

熊本県では、葬儀の香典の他に遺族に品物を渡す風習が今でも残っています。これは、「夜伽見舞い(よとぎみまい)」と呼ばれ、品物は主に、缶詰・お菓子・お酒などの食料品の場合がほとんどです。

 

遺族は頂いた夜伽見舞いを食べながら、お通夜の後には故人が寂しくならないよう、語り明かします。また地域によっては、この夜伽見舞いを持ち寄って全員で頂くという風習もあります。遺族は香典返しの際は、この夜伽見舞いを頂いた方には過分に香典を渡すことが通例となっています。

葬儀のお手伝いをしてくれる埋葬組

全国的に、葬儀の際に遺族をサポートしてくれる近所の方はいますが、熊本県では「埋葬組」と呼ばれる組織が、お葬式の料理の手伝いから、弔問客へのお茶出しなどをお手伝いしてくれます。

 

また県下には、村が所有する納骨堂にこの埋葬組ごとに納骨する地域もあり、他の都道府県に比べ、地域間の結びつきが強いのが熊本県の特徴です。

友引であっても葬儀を行う

六曜の一つである友引は、全国的には「友を引く」との解釈から縁起が悪い日とされ、葬儀を行う事を避ける場合が多いのですが、熊本県では葬儀を行います。

 

これは、浄土真宗を信仰している人が多い事が要因です。浄土真宗の開祖である親鸞は、六曜の様な占いの類で日の吉凶を判断する事を良しとはしませんでした。そのため、熊本県では友引でも葬儀や火葬が行われるのです。

 

因みに、友引は全国的に火葬場の定休日となる事が多いのですが、熊本県に限っては上記の様な理由から、友引であっても火葬場が定休日を設けることはありません。

freecallfreecall

熊本県の葬儀場・斎場・火葬場を探す

エリアを選択して下さい

熊本市 エリア