お問い合わせはこちらから

香川県の葬儀場を探す

お急ぎ・お困りの方は今すぐお電話ください
TEL:0120-922-468 24時間365日対応通話無料
0120922468
お問い合わせはこちら

香川県でよく利用される葬儀場

香川県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
香川県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。香川県では火葬場に行く際、故人と近親者の女性は髪に白い三角の紙を挟みます。この他にも香川県独特の葬儀のしきたりがあるので知らない方は確認しましょう。香川県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

香川県の葬儀・お葬式事情

香川県は自然が豊富で子育てをする環境にとてもおすすめな県です。広い一軒家に住む方も多いです。企業の支店も多く四国の拠点都市と言われています。うどん以外にも美味しい野菜や魚も安く購入できます。そんな香川県の葬儀はどのようなものなのでしょうか?

 

香川県では「後火葬」が一般的ですが、「前火葬」と言う葬儀の前に火葬を行ってから葬儀を行う地域も一部あります。高松市では葬儀でお経を読む脇僧が多くです。宗派にもよりますが琴平付近では、この付近で葬儀を行わないという慣わしがあります。

 

丸亀地方では、火葬が終わった後は収骨せずに翌日に収骨する「灰葬」という慣わしがあります。この他にも様々なしきたりががあるので、知らない方は事前に確認しておきましょう。それでは、香川県の葬儀の流れやしきたりについて詳しく見てみましょう。

香川県の葬儀の流れ・しきたり

香川県の葬儀はどのような流れで進むのでしょうか?香川県ではお通夜の翌日に葬儀、告別式、出棺、火葬という流れで進みます。高松市などでは友引の日は火葬場がお休みなので葬儀も行われまん。

 

西部では友引の日でも火葬を行われていて身代わりとなる人形を入れる場合もあります。出棺の時にお茶碗を割る風習は各地で見られます。香川県では最近は行わない方もいるようですが、行う方の方が多いようです。

 

香川県の引っ越される方や、香川県の葬儀に参列される方はあらかじめ香川県の葬儀の流れやしきたりを知っておいた方が安心です。香川県独特のしきたりもあるので、周りの方に聞いておきましょう。それでは、香川県の葬儀のしきたりについて見てみましょう。

 

 

香川県では末期の水を棺で行う

香川県では末期の水を棺で行っていて釈尊が入滅する際に水が欲しがった事から故人に水をあげるようになったと言われています。全国的に見ると脱脂綿に水を浸す事が多いですが、香川県では樒の枝や葉を水に浸して行います。枕飾りに樒をお供えする場合もあります。

香川県の納棺のしきたり

香川県の一部の地域では自宅葬をする時にはお通夜の夜は納棺はしないで翌日の葬儀の直前に行います。そのため、故人は祭壇の前に布団に横たわっています。納棺では逆さがけの意味でたすきを逆さにかける習わしがあります。

 

出棺か葬儀が終了した後に、この世との未練を絶つ為に故人が普段使用いていたお茶碗を割る場合もあります。また、わらやおがらを炊く事もあります。このように、納棺や納棺が終わった後などのしきたりにも様々なものがあります。

香川県のお葬式に参列する場合

香川県の葬儀では、葬儀や告別式の後に火葬をする後火葬が一般的ですが、前火葬を行う場合もあるので、故人のお顔を見れない場合もあります。その為、事前に確認しておくようにしましょう。また、地域により葬儀のしきたりが異なるので併せて確認しておきましょう。

香川県には念仏講と呼ばれる組織がある

全国各地ではお葬式などの時に近所の方が組になって手伝う組織があります。自治会などの方達が協力してお通夜の料理や連絡、受付などを手伝います。香川県では「念仏講」と呼ばれる組織があり、お通夜の最中や終了した後に組織の女性達が念仏をあげたりします

香川県のその他のしきたり

香川県では故人の近親者の女性が火葬場へ行く時には、髪に白い三角の紙を挟むという慣わしがあります。これは、子孫を残す女性を死の穢れから守ると考えられて行われています。遺族へ香典をお渡しする時には全国的には表書きを「御霊前」と書きます。

 

ですが、香川県ではお通夜には「御悔」、葬儀には「御香典」を使用する場合が多いです。他には、善通寺市では自治会が食事を作り、参列者に頂いてもらいます。小豆郡では友引を避けて葬儀を行います。

 

香川県では火葬場から戻った後はや水で身を浄めます。地域により米粒を噛みながら小さな竹馬にまたがり塩をかけるといったしきたりもありますが、最近ではあまり行われないようです。

探し方が分からない方は
お電話でも承っております
freecall-bannerfreecall-banner

市区町村から探す