岩手県の葬儀場を探す

岩手県の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を
地域・エリア別にご案内いたします。

岩手県でよく利用される葬儀場

岩手県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
岩手県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。岩手県では火葬後に葬儀が行われることが少なくありません。これは岩手県の地理、気候、漁師が多いということなどが関係しています。岩手県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

岩手県の葬儀・お葬式事情

岩手県の地理上の特徴として、山が多く雪深い地域であることが挙げられます。そのため、人が往来するのが非常に困難なことが多々ありました。人が亡くなった時、すぐにお通夜等へかけつけたくても、到着するまで時間がかかってしまうことがよくあったのです。

 

通常のように通夜をして参列者に亡くなった方のお顔を見て焼香してもらってから火葬となると、時間が経ち過ぎるなどの事態があるため、通夜の前に火葬をするという習慣の地域ができました。また、火葬から葬儀までの日数を開けることがあります。


これは、漁師が多い地域であることもあります。すぐに葬儀に駆けつけたくても、漁に出ていて戻れないことも多かったのです。そこで、先に火葬をして参列者が揃ってから葬儀をするという風習となり、今でも火葬から葬儀まで3~5日空けるようになっています。

岩手県の地域ごとの特徴

岩手県は北海道に次いで面積の広い県であり、その地域によって多少風習の違いがあります。岩手県内の風習の違いについてご紹介します。

釜石市

釜石市は、通夜で僧侶を呼んで読経をすることはあまりありません。通夜自体も何時からという設定も無く、終わりの時間も決まっていなくて来られる時間に来ていただくというのが一般的です。

内陸部

内陸部では、葬儀までの時間を空けることは同様ですが、さらにその間に通夜を数回行うのが特徴です。やはり、参列者が一度に集うことができない地理上や、漁師町であることなどの事情が影響しています。

盛岡市

盛岡市では、火葬場まで一般の会葬者が集います。そこで、葬儀と同じような受付や返礼品が必要になるのが特徴でしょう。

岩手県の葬儀の流れ・しきたり

岩手県の一般的な葬儀の流れやしきたりについて、ご紹介します。雪深い土地柄などが影響した風習があります。

岩手県の葬儀・お葬式の一般的な流れ

岩手県の葬儀の流れをご臨終から埋葬までご紹介していきます。

不幸があってから通夜まで

不幸があり、これから通夜や葬儀となった時、岩手県では男性が二人一組となり、訃報を知らせて回るという風習があります。これは、通夜や葬儀の日時を間違えないように伝える、という意味合いがあります。

 


そして、通夜は自宅で親族中心に行われることが多く、一般の会葬者は来ないことがほとんどです。遺族側から訃報が知らされ、通夜に招待された人のみが集います。通夜自体はあまり開始時間などをはっきりさせず、参列者が来る限り続けるということが多いでしょう。

 


また、通夜が長い時間かかることなども多いですし、通夜から葬儀までも日数があることもあり、参列者は香典とは別に「お夜食料」を包みます。

お逮夜

一般的な通夜のあと、葬儀までに再び行われる通夜で、次の日に渡るという意味合いがあります。通夜の内容は変わりませんが、すぐに駆けつけることができない事情などが影響している風習でしょう。

葬儀や告別式

岩手県では、葬儀や告別式の前に火葬をする前火葬が一般的です。祭壇に安置されるのは、ご遺体ではなく遺骨ということになり「骨葬」と呼びます。

 


また、遺族が参列者を迎えるという入り方ではなく、先に参列者が式場に入ります。そして、参列者が入った後で、遺族そして僧侶が入るという順番になり、これはこの地方独特の習慣でしょう。そして、参列者は焼香を済ませ、遺族に挨拶して会場を出ます。

埋葬

岩手県のみならず、東北地方では葬儀の当日に墓地に埋葬することが多くみられます。これは、土葬が風習であったことに由来します。また、すでに火葬を済ませていることも多いですし、葬儀までの時間そのものも長いことが多いことによるでしょう。

通夜振る舞いは関西と逆

参列者に通夜のあと食事を振舞うことを通夜振る舞いと言いますが、これは関西地方とは逆になります。関西地方は通夜振る舞いがほとんど無く、焼香などが終わったら帰宅することが一般的です。関東地方では大皿料理などを用意し、一口でも手を付けるのが礼儀です。

 


岩手県では、通夜自体が数日・数回・また長時間に渡ることも多いので、通夜振る舞いがあり、御夜食料、御手伝と表書きしたお金を渡します。また、血縁が近いと通夜見舞いとしてお餅などを持ち寄る地域もあります。

繰り下げ初七日

繰り下げ初七日とは、四十九日などの法要に合わせて初七日法要を行うことをいいます。初七日と四十九日と両方参列しなくてはいけない場合などに、一つにまとまっていることで負担を減らすという意味はあるでしょう。

まとめ

岩手県の葬儀は、おもに地理上や漁師街であることから特徴が出ています。さらに、もともと人のつながりを大事にしている地域で、厳しい地域で助け合って生きてきたことも由来するのでしょう。岩手県ならではの、葬儀で学ぶことも多くあるでしょう。

freecallfreecall