お問い合わせはこちらから

福島県の葬儀場を探す

お急ぎ・お困りの方は今すぐお電話ください
TEL:0120-922-468 24時間365日対応通話無料
0120922468
お問い合わせはこちら

福島県でよく利用される葬儀場

福島県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
福島県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。福島県では、同じ県内でも地域によってお葬式のしきたりが異なります。また、他では見られないような福島県特有の珍しい風習も残っているようです。福島県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

福島県の葬儀・お葬式事情

福島県は、東北南部にある広い面積を持つ県です。この広さからもわかるように、福島県は地域ごとに気候が異なり、それと同じように葬儀の風習も地域によって異なると言われています。

 

これは福島県が江戸時代に、10以上の藩に分かれていたことも理由の一つだとされています。特に大きく異なるのが、火葬を葬儀の前に行うか、後に行うかという点です。これに関しては、福島県は関東に近いため、関東の風習が混ざったのでは?という説もあります。

 

どちらにせよ、葬儀の風習や手順が地域ごとに大きく異なるので、葬儀を行う際は、失礼のないよう詳しく知る方にしっかり確認することをおすすめします。

福島県の葬儀の流れ・しきたり

ではさっそく、福島県の葬儀の流れや細かなしきたりの詳細をご紹介しましょう。なお地域によって異なりますので、葬儀の前に近しい方に確認することをおすすめします。

地域によって違う葬儀の流れ

日本では、火葬をする順番は地域によって異なり、東北地方は葬儀前に火葬を行う前火葬が一般的です。しかし福島県は、地域によって前火葬の場合と後火葬の場合があります。いわき市の一部や会津若松地方など、江戸幕府の直轄だった地方は後火葬の場合が多いようです。

 

なお前火葬の場合の葬儀の一般的な手順は、火葬を午前中に行い、午後から、通夜、通夜振る舞い、葬儀、精進落としといった手順となります。後火葬の場合は、葬儀などを行ったのちに火葬となります。

福島県特有の葬儀の風習

告げ人が知らせる

福島県には「告げ人」という風習が残っており、これは近隣で誰かが亡くなった時に2人1組で知らせに行くというものです。電話など通信手段が発達するにしたがい廃れた風習ですが、福島県ではまだこの風習が残っている地域があります。

棺の中に入れるもの

日本では、棺の中に故人の好きだったものなどの副葬品を入れることが一般的です。しかし福島県の副葬品の風習は、少し変わっています。故人が男性の場合はカミソリを、故人が女性の場合はハサミを入れる風習があるそうです。

 

魔除けの意味合いで遺体の上に刃物を置くという風習はしばしば聞きますが、この場合はそれとは異なるそう。湯灌の際男性はヒゲをそり、女性は髪を切ることがありますね。その名残ではないかと言われています。

仮門を用意する

福島県の地域によっては、玄関の脇に「仮門」と言われるものを用意し、出棺の際にそこをくぐるといった風習があります。これは死者が確実にあの世に旅立ち、この世に戻ってこれないようにするという意味合いがあるそうです。そのため仮門は、出棺してすぐに壊してしまいます。


福島県の農村部では、同じような意味合いで門火を焚くこともあるそうです。作った仮門は、この門火で燃やします。

葬儀の手伝いは隣組が行う

福島県では、葬儀の運営を近隣の家がまとまって構成された「隣組」や「念仏講」という組織が行うことがあります。その場合一般的に遺族が行う通夜振る舞いなどの接待も、遺族ではなく隣組などの組織が行うことがあります。

香典返しはその日のうちに

香典返しのやり方も、同じ福島県内でも地域によって異なりますが、多くの場合香典をいただいたらその場で香典返しを渡すのが一般的です。なお福島県は香典返しにかける金額が多いとされており、平均金額は37万円で、全国で2位となっています。

福島県の葬儀の相場

福島県の葬儀にかかる費用の相場は、170万円ほどとなっており、全国平均の190万円よりも少し安くなっています。福島県の場合、参列者への返礼品や通夜振る舞いにかかる金額が大きい傾向にあるようです。

福島県のお葬式に参列する場合のしきたり

福島県は、お葬式に参列する場合のしきたりも地域ごとに異なります。例えば会津地方では通夜は本当に近しい人のみで行われます。そのため通夜に受付は置きません。お葬式にはどなたでも参列できます。

 

なお前火葬の場合は、葬儀の際に故人の顔を拝むことができません。もしもお顔を見て別れを告げたい場合は、葬儀の前に親族の方にお願いをする必要があります。もしも福島県で葬儀に参列する機会があれば、地域のしきたりをあらかじめ確認しておく方が安心ですね。

探し方が分からない方は
お電話でも承っております
freecall-bannerfreecall-banner

市区町村から探す