お問い合わせはこちらから

福井県の葬儀場を探す

お急ぎ・お困りの方は今すぐお電話ください
TEL:0120-922-468 24時間365日対応通話無料
0120922468
お問い合わせはこちら

福井県でよく利用される葬儀場

福井県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
福井県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。福井県では地域により葬儀のしきたりが異なります。お通夜や葬儀の香典などに対する返礼品は品物より商品券を渡す場合が多いです。様々なしきたりがある福井県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

福井県の葬儀・お葬式事情

福井県は滋賀県や京都府の近くの中部地方の県です。東尋坊の断崖絶壁や越前大野城の雲海に浮かぶ城など沢山の見所があります。また、名水としても有名です。水が綺麗なので越前蕎麦なども美味しいです。越前蟹、ふぐ、うなぎなども美味しいと有名です。

 

福井県は地域により浄土真宗や禅宗の多い所があり、葬儀にもそれぞれ特徴があります。通夜や葬儀、告別式での返礼品には3000円程度の商品券をお渡しする場合が多いです。品物の場合や高額の香典に対して変える事もあります。


福井県では通夜振る舞いは無いですが、親族や葬儀をお手伝いされた方には弁当を渡す場合があります。火葬の後に遺骨を分けて菩提寺や本山に預ける事もあるので周りと相談して葬儀会社に骨壺をお願いする事もあります。

福井県の葬儀の流れ・しきたり

福井県の葬儀はどのような流れで進むのでしょうか?福井県のお通夜ではご納棺の後に弔問客の受付をします。祭壇や式場の設置をしてお通夜が始まります。僧侶にお経えお読んでもらい弔問客が焼香をあげます。喪主が挨拶をして通夜振る舞いを行う場合もあります。

 

葬儀をお手伝いされた方や親族にお弁当や寿司桶などを振る舞います。昔は葬儀式と告別式で分かれていましたが、今は一緒に行う場合が多いです。葬儀の流れを紹介します。会葬者の受付をして遺族が焼香します。

 

開式して僧侶がお経をあげます。閉式して弔事や弔電を披露して故人と最後のお別れをして火葬、納骨と進みます。初七日法要は正式には後で行いますが、集まりにくいので納骨の後に行う場合が多いです。福井県の葬儀のしきたりについても見てみましょう。

福井県ではお葬式でお赤飯を食べる

おめでたい席では赤飯を食べるのはよく見られますが、福井県の沿岸部では故人が長寿の場合にお葬式でお赤飯が出される場合があります。お赤飯は江戸時代より食べられていました。由来は故人が人生を全うして亡くなられた事をお祝いするという意味があります。

 

昔から、赤には悪い気を払って災いを避ける力があると言われていたので、おめでたい席でもお葬式のような弔事の場合でもあの世との距離が近くなる時には魔除けの意味もあり食べられていました。

福井県の葬儀では女性が詠う

福井県の一部では「念仏講や観音講」という地域の組に所属している女性が、お葬式で御詠歌を詠う事もあります。御詠歌とは色々な宗派で詠われています。最近は少なくなっているしきたりですが、農村地域や寺院でお葬式をあげる時には詠われています。

福井県では出棺時にお米を撒く

嶺南地方の一部の地域では出棺の際に棺に向かいお米を撒いて、故人が普段使用していたお茶碗を割ったりわらを焚くなどのお葬式のしきたりが細かく決まっている地域もあります。嶺北地方ではこのようなしきたりはあまり行われていません。

福井県の葬儀に参列する場合

福井県では近所の繋がりが深くてお通夜や葬儀を訪れる方が多かったため、「廻り焼香」という習わしがあります。廻り焼香とはお通夜や葬儀・告別式が始まる前から参列して焼香を済ませた方より帰る事です。

 

そのおかげで多くの方が訪れても滞る事なく焼香を行う事ができます。現在では小規模の葬儀の場合でも廻り焼香を行っています。ですが、地域により開式や閉式の時間が決められている事もあります。お返しは即返しが一般的です。品物でなく商品券などが多いです。

福井県の葬儀のその他のしきたり

福井県のその他のしきたりを紹介します。おおい町では町内や近くの市町村へは香典返しを行いません。小浜市では故人が亡くなられた日には一晩中寝ないで故人の傍で過ごします。小浜市では葬儀の半返しの辞退をするのが普通です。

 

福井市では廻り焼香を行っています。勝山市では骨上げの後にすぐにお寺へ行きお経をあげてもらいます。お寺へ納める費用以外にもお参りに行く方は一人当たり2000円を納めます。このように地域によりしきたりも変わるので周りの方に確認しておきましょう。

探し方が分からない方は
お電話でも承っております
freecall-bannerfreecall-banner

市区町村から探す