愛知県の葬儀場を探す

愛知県の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を
地域・エリア別にご案内いたします。

エリアを選択して下さい

愛知県でよく利用される葬儀場

愛知県の葬儀・お葬式の基本情報【事情・しきたり】
愛知県の葬儀・お葬式事情についてまとめました。愛知県のお祝い事は派手なイメージが強いですが、葬儀はそうではありません。初めてのことは誰でもわからないことが多いため、愛知県で葬儀・お葬式をご検討の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

愛知県の葬儀・お葬式事情

愛知県の葬儀は、全国でみると様々な風習がある地域です。都市部を中心として簡略されているケースもありますが、まだまだ風習を大切にしている地域もあるためそれに従いましょう。特別な準備がある場合は、近親者や葬儀社とよく話し合いをして決めるのがおすすめです。

 

愛知県の火葬も「前火葬」と「後火葬」が混在しているため、参列をする方は確認してからの方がよいです。山間部や海沿いの地域では「前火葬」が多く、知多半島の半田市から南の地域に行くと通夜・葬儀の席に着くのは遺族・親族のみで行います。

 

そのため、一般の参列者が葬儀に参列する場合は、開式の少し前から集まり読経中に焼香を行ったらすぐに変えるのが一般的です。家族や親族だけで葬儀を進めていくのが特徴のため、参列者はしきたりを確認しておきましょう。

愛知県の葬儀の流れ・しきたり

愛知県の葬儀のしきたりについて詳しく確認していきましょう。住んでいた県が違うとわからないことも多く、葬儀の準備をスムーズに進めていくことができません。近親者の方などわからないことはすぐに確認をしていくようにしましょう。

涙汁(なみだじる)

愛知県にある尾張地方では、近親者が簡素な精進料理を食べます。「出立ちの膳」といい、「涙汁(なみだじる)」という料理を食べます。これは辛い胡椒汁や唐辛子汁で、食べる理由は「大変な辛さから涙を流す」や「辛さによってお葬式の疲れをとる」という意味があります。

 

村や町の地域によって作り方は様々ですから、必ず涙汁というわけではありません。三重県の一部にもこの風習を行っている地域があります。基本的に涙汁の作り方はレシピを広く公開するものではありませんから、地域や家によって味が異なります。

お通夜にお菓子を持参

愛知県の一部の地域では、通夜に参列するときにお菓子を持参する風習があります。香典とは別の扱いで、手土産のようなものですから、特に香典返しは必要ありません。通夜の控室などで気軽に分けあうものとしてみんなに食べてもらいます。

 

遺族や持参してくださった人とみんなで分け合って食べるものですから、個包装など分け合いやすいお菓子を準備するようにしましょう。これを行う理由は、人がばらばらに集まりゆっくりと時間を取ることができないため、気軽にお菓子を持っていってもらうためです。

出棺のしきたり

愛知県の南知多町地域では、出棺するときにわらを燃やす風習があります。わらを燃やすことで、故人がもう家に帰れないという意味があって行っています。他にも柩の下にござを敷き出棺の時にござを竹と木の棒でたたく場合もあります。

 

わらを外に敷いて霊柩車はその上を通ってから火葬場に行きます。また、柩にお菓子を入れるという風習の地域もあり、冥土の途中で邪魔をしてくる餓鬼に対してお菓子を渡して道を譲ってもらうために行っているところもあります。

 

出棺に立ち会う際、男性はが頭に白い三角の布や白い紙を頭に巻くことをおさびし見舞いと言われて行っている風習もあります。地域によって風習が異なりますから、事前に確認をして流れを把握しておいてください。

お供えのやり方

愛知県では葬儀のしきたりが同じというわけではありません。碧南市・高浜市では、通夜、葬儀・焼香時に焼香鉢近くに100円玉をお供えします。三途の川を渡るときもお金がかかると考えられておかれています。

 

愛知県の南知多地域は、自宅に遺体を安置しても線香、灯明を行わないのが特徴です。枕経をあげるまでは生きているのと同じ扱う風習です。僧侶がお経を行って帰ってから初めて線香をあげます。遺体を安置していても、線香やろうそくを使用しないなど地域によって違います。

 

他にも名古屋では、葬儀でも生花は持ち帰ったりします。春日井市では葬儀場から、火葬場へのルートを行きと帰りで変更しなければいけなかったり、香典返しは半額の場合があります。地域によって葬儀についての準備や風習が全然異なるため気を付けてください。

freecallfreecall

愛知県の葬儀場・斎場・火葬場を探す

エリアを選択して下さい