記事ID889のサムネイル画像

天理教の香典というのはどんなもの?その書き方を詳しく解説!

天理教というのは、江戸時代の末期に日本で誕生した宗教です。創始者は奈良県に住んでいた中山みきで、神道に似た特徴を持っています。天理教では、誰かが亡くなることを「出直す」と言いますが、香典の渡し方などはどのようになっているのでしょうか?

天理教の香典とはどんなもの?

天理教は日本の宗教ですが、あまり詳しくないという人も多いでしょう。こちらでは、まず天理教というのはどのようなものか、香典についてはどうなっているのかについて解説しています。

天理教の香典とは?

よく間違われるのですが、香典というのは仏教独自の言葉です。天理教徒の間では、香典という言葉が使われることはありません。天理教は神道によく似た宗教であるため、故人やご遺族の方に捧げるお金のことは「玉串料(たまぐしりょう)」と言います。

 

天理教はお葬式自体よりもお通夜に特色のある宗教です。ですが、香典(玉串料)そのものはお通夜ではなくお葬式の日にお渡しします。この点については、他の宗教と同じだと考えて良いでしょう。

天理教とは?

天理教というのは、江戸時代の女性である中山みきという人物によって創始されました。では、天理教というのはそもそもどのような宗教なのでしょうか。

天理教の葬儀

日本のその他の宗教と同じように、天理教の葬儀はお通夜とお葬式の二段階で行われます。天理教の教義では、この世での体は天からの借り物であるとされています。そのため、誰かが亡くなっても魂がなくなる訳ではなく、一時的に天に魂を返すだけだと考えらえています。

 

天理教の教えで魂を天に返すことは、「みたまうつし」と言います。この「みたまうつし」が行われるのがお通夜の時です。また、天理教では仏教のように位牌は用いませんが、その代わりになるのが御魂代や霊璽です。天理教では、仏教徒が仏壇に位牌を置いておくように、自宅の祭壇にこの御魂代や霊璽を置いておきます。

 

また、天理教では命日のことを「出直し当日」と言います。これは、天理教で人が亡くなることを「出直す」と言っているためです。天理教は神道によく似た宗教ですが、このように異なった部分も多いので気を付けてください。お悔やみの言葉なども使わないのが、天理教の葬儀の特徴となっています。

天理教の通夜の流れ

天理教のお通夜の流れは次のようになっています。

 

1. 関係者の入場

2. 祓詞奏上(はらえことばそうじょう)

3. うつしの詞奏上および「みたまうつし」の儀

4. 献饌(けんせん)

5. 玉串奉献(たまぐしほうてん)

6. しずめの詞奏上

7. 斎員列拝

8. 遺族、親族、一般参列者 玉串奉献および列拝

9. 撤饌(てっせん)

10. 退場

 

3番目の「みたまうつし」の儀が天理教では最も大切な儀式です。これは天理教の祭官によって行われます。また、仏教でお焼香に当たる儀式が玉串奉献です。玉串奉献では、実際に喪主の人に挨拶をして、故人に玉串を捧げます。

天理教の香典はどんな時に書く?

天理教の香典(玉串料)を遺族の方にお渡しするのは、お通夜ではなくお葬式の時です。お葬式の流れもお通夜と似ていて、しのびの詞奏上や撤饌の間に玉串奉献が行われます。具体的には、やはり神式の葬儀と似ていると思っておいて良いでしょう。

 

また、天理教では仏教の初七日に似た十日祭や、四十九日法要に似た五十日祭と呼ばれるものが行われます。仏教の回忌法要に当たるのが、一年祭や五年祭、十年祭などです。こうした祭儀に招かれた際にも、香典(玉串料)を渡す場合があります。

天理教の葬儀に招かれたらどうすれば良い?

天理教の葬儀はお通夜に特色があることを除けば、神道の葬儀によく似ています。参列することに関しても、神道の葬儀とよく似た部分があります。服装についてはきちんと喪服を着用するようにしてください。ただし、仏式葬儀のように数珠は必要ありません。

 

お通夜やお葬式には式次がありますから、基本的にはその流れにそって進めて行けば良いです。実際に故人の前に赴くのは、お供えものとして榊を祭壇に献上する玉串奉奠の時のみです。それ以外の場面では基本的には静粛にして、祭官が儀式を進めるのを見守るようにしてください。

天理教の香典の書き方

では、天理教の香典(玉串料)はどのような書き方をすれば良いのでしょうか。

天理教の香典は何で書けば良い?

天理教は神道や仏教とは異なりますが、似ている部分もあります。通常、神道や仏教のお葬式ではお葬式の当日までは、文書や香典袋などを薄墨を使って書くようになっています。ですから、天理教の葬儀に招かれた場合にも、香典(玉串料)は薄墨を使って書くようにしたほうが良いでしょう。

 

天理教の香典(玉串料)を書く場合には、筆と薄墨を使って書きます。しかし、自宅に筆や薄墨がないような場合には、筆ペンを使っても問題ありません。筆ペンにも薄墨のものと通常の墨のものがありますから、必ず薄墨の筆ペンを用いるようにしてください。

表書きの書き方

のし袋の表書きには、「玉串料」または「御玉串料」、「神饌料」などと書きます。あまり一般的ではありませんが、「御霊前」と書く場合もあります。この中で最も一般的なものは、やはり「玉串料」あるいは「御玉串料」となっています。また、水引きの下には自分の苗字と名前を書きます。

 

天理教は仏教ではないので、「御仏前」や「お線香代」とはくれぐれも書かないようにしてください。香典袋(不祝儀袋)に関しても通常のものを使ってしまってかまわないのですが、蓮の花が印刷されているものは避けるようにしてください。蓮の花が印刷されている不祝儀袋はあくまでも仏教用となっています。

中袋の書き方

香典袋(不祝儀袋)には外袋と中袋があります。外袋には、上に書いたように「玉串料」や「神饌料」などと書きますが、中袋には不祝儀袋に包んだお金の金額と住所氏名を書くようにします。中袋の表面には玉串料の金額を、裏面には住所と氏名を書くようにすると良いでしょう。

 

中袋にも、通常の墨ではなく薄墨を使って書きます。先に書いたように、これは筆ペンでもOKです。なお、中袋の表面というのはのりしろのついていないほうの面です。裏面に住所氏名を書く場合には、通常の封筒に住所氏名を書く場合と同じように、左下の部分に書くようにしてください。

名前の書き方

名前を書く場合には、不祝儀袋の表書きと中袋の裏面に書くようにします。不祝儀袋の書き方には色々あるのですが、これが最も一般的だと言って良いでしょう。なお、玉串料というのは基本的に参列者一人一人が渡すものとなっています。

 

玉串料を一人で渡す場合にはほぼ問題はないと言って良いでしょう。先に書いたように、水引の下に苗字と名前を、中袋の裏面に住所氏名を書くようにします。どちらも、それぞれの字の大きさはなるべく均等になるようにしてください。

連名の場合

玉串料を連名で渡す場合には、3名以下の場合と4名以上の場合とで異なっています。通常、玉串料を連名で書く場合には3名までの連名が可能になっています。また、一家を代表して渡す場合には「〇〇家」などと書いてもOKです。

 

3名までの連名で書く場合には、右側に夫や目上の人の名前を、左側に妻や子、目下の人の名前を書くようにします。友人らの連名で渡す場合には、「友人一同」といった書き方をすることも可能です。ですが、連名にすると誰が玉串料を渡したのかが分かりにくくなりますから、別紙を用意してそこにそれぞれの人の住所氏名を書くようにすると良いでしょう。

 

4名以上の連名となる場合には、誰か一人の代表者名だけを表書きに書くようにします。名前の上に「代表」という文字を入れておくと、連名での玉串料だということが分かりやすくなります。やはり、玉串料を渡した人の正確な住所氏名に関しては、別紙を用意してそこに書くようにすると良いでしょう。

金額の書き方

中袋の表面には玉串料の金額を書くのですが、これは旧字体の漢数字を使って書くようにします。なお、旧字体の漢数字のことは大字とも呼びます。しかし、どうしても新字体しか分からない場合には新字体の漢数字でも問題ありません。一例を挙げると、

 

・3,000円の場合 「三千円」「参阡円」「参仟円」「参阡圓」「参仟圓」など

・5,000円の場合 「五千円」「伍阡円」「伍仟円」「伍阡圓」「伍仟圓」など

・7,000円の場合 「七千円」「七阡円」「七仟円」「七阡圓」「七仟圓」など

・10,000円の場合 「一万円」「壱万円」「壱万圓」「壱萬円」「壱萬圓」など

・30,000円の場合 「三万円」「参万円」「参万圓」「参萬円」「参萬圓」など

・50,000円の場合 「五万円」「伍万円」「伍万圓」「伍萬円」「伍萬圓」など

・100,000円の場合 「十万円」「拾万円」「拾万圓」「拾萬円」「拾萬圓」など

 

などとなります。なお、金額の後ろに「也」の字を付ける場合もありますが、これは必ずしも付けなくても問題ありません。

水引はどうすれば良い?

水引きについても、他の宗教とほぼ同じようにすると良いでしょう。水引の形は結びきりとなっています。ただし、水引の色に関しては注意が必要です。

 

天理教の香典(玉串料)を渡す場合には、水引の色は黒と白または黄色と白です。神式葬儀や仏式葬儀のように銀色の水引きを使うことはありません。この点には十分に注意しておいてください。

天理教の香典の包み方

では、天理教の香典(玉串料)はどのようにお包みすれば良いのでしょうか?

天理教の香典はどんな風に包む?

天理教のお葬式で玉串料を渡す場合、お金は中袋の中に入れます。中袋はお金を入れるため専用の袋で、このままでお渡しすることはありません。かならず、外袋の中にもう一度包むようにしてください。

 

また、正式なマナーとしては、外袋を袱紗(ふくさ)に包んでおいて、そこから取り出すようにして相手に玉串料をお渡しします。袱紗というのは、ハンカチくらいの大きさの小さな風呂敷のようなものです。この袱紗自体は相手には渡さず、自分で持って帰ることになっています。

天理教の香典のお金の入れ方

日本のお葬式では、香典や玉串料を渡す時には新札を使わないことがルールとなっています。これは、新札を使うことによって新たな不幸を招いてしまうという迷信があるためです。天理教の香典(玉串料)でも新札は使わず、綺麗な旧札を使うか、新札に折り目を入れるなどして使用するようにしてください。

 

また、お札を入れる向きに関しても決まりがあります。お札を入れる際には、中袋の表面とお札の表面が合うようにします。お札の表面というのは、千円札や五千円札、一万円札であれば肖像画の描かれているほう。二千円札であれば守礼門が描かれているほうです。

天理教の香典の金額の目安は?

天理教の香典(玉串料)の相場は、年齢や故人との関係によって変わってきます。20代の人であれば、3,000円から5,000円くらい。30代以降の人であれば、1万円から3万円くらい。親族の場合であれば、5万円から10万円くらいが目安となっています。

 

知人や友人などであれば、だいたい1万円から3万円くらいを包むようにすれば良いでしょう。ただし、お葬式の後に会食などがあるようであれば、それよりも少し金額を上乗せするようにしてください。上乗せする金額はだいたい3,000円~5,000円くらいです。

天理教の香典を書く時の注意点とポイント

最後に、天教の香典(玉串料)を書く時の注意点やポイントなどについて解説してみることにしましょう。

天理教の香典を書くときの注意点

天理教の香典(玉串料)を書く時の注意点としては、何よりもまず表書きを間違えずに書くという点が挙げられます。天理教は仏教よりも神道に近い宗教なので、表書きには「玉串料」や「御玉串料」「神饌料」などと書きます。この中で最も一般的なものは「玉串料」ですが、「御」の字は付けても付けなくてもかまいません。

 

また、他の宗教をイメージさせるようなものは避けるようにしてください。市販の不祝儀袋には蓮の花や十字架が印刷されているものがありますが、前者は仏式の葬儀用、後者はキリスト教の葬儀用となっています。天理教徒のお葬式で香典(玉串料)を渡す際には、白い無地の封筒を使うのが無難です。

天理教の香典を書く時のポイント

天理教の香典(玉串料)を書く時にポイントとなるのは、次のような点です。まず、中袋の金額や住所氏名を間違えずに書くこと。連名で書く場合には、目上の人を右側に、目下の人を左側に書くこと。などです。また、表書きや中袋を書く時には薄墨を使うことも忘れないようにしてください。

 

天理教徒のお葬式には、同じ天理教徒でなければ慣れていないことも多いと思いますが、司会進行の人の言葉に従って式次を進めていけば、とくに問題ありません。香典(玉串料)を渡すタイミングについても、最初に受付を済ませた時か、喪主本人に会った時にお渡しするようにすれば良いでしょう。

天理教の香典の表書きについてのまとめ

天理教の香典は正式には玉串料と言います。香典袋(不祝儀袋)の表書きを書く場合には、「玉串料」や「御玉串料」「神饌料」などと書くようにしてください。また、間違えてはいけないのが水引の色で、黒色と白色か黄色と白色のものを使うようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ