記事ID1956のサムネイル画像

お悔やみの言葉への返事はどう返すべき?メールでの返信についても解説

身近な人が亡くなった場合には、親族や友人、会社関係者の方に訃報の連絡をします。その際にお悔やみの言葉を頂きますが、どのように返事をすればよいのでしょうか。今回は、お悔やみの言葉に対する返事のマナーをご紹介した上で、お悔やみを伝える側のマナーもご紹介します。

お悔やみの言葉は気遣いを表す

訃報が届いたときや葬儀に参列したときには、お悔やみの言葉を伝えます。お悔やみの言葉には、故人の死に対する悲しみ故人の親族に対する気遣いが込められています。お悔やみの言葉の伝え方は様々ですが、近年ではメールを使うこともあります。メールでお悔やみの言葉を送る場合には、どのように伝えることができるのでしょうか。

 

今回は、訃報に対するお悔やみの言葉の伝え方とお悔やみの言葉に対する返事の伝え方についてご紹介していきます。お悔やみの言葉に関するマナーをご紹介した上で、英語でのお悔やみの言葉の伝え方・返事の仕方までご紹介します。

 

葬儀の価値観が変化する中で、葬儀の形式や訃報の伝え方が多様化しています。新しい形式に変わりつつも、守らなければならないマナーはあります。メールなどを使う場合のマナーに不安のある方は、参考にしていただければ幸いです。

お悔やみの言葉に対する返事の仕方

大切な方を失ってしまった場合、伝えるべき相手には訃報を送らなければいけません。訃報を送った場合、大抵の場合はお悔やみの言葉を頂きますが、返事はどのように返せばよいのでしょうか。

 

ここでは、お悔やみの言葉を頂いた際の返事の仕方について場面別に分けてご紹介していきます。

対面での返事の仕方

お通夜や葬儀には、参列者の方が来場されます。喪主やご遺族の方は会場で参列者の方と挨拶をする場面があり、そこでお悔やみの言葉を頂くことが多いです。対面でお悔やみの言葉を伝える場合は、参列・弔問への感謝お悔やみの言葉への感謝を伝えます。

 

お悔やみの言葉の返事の具体例は、「ご丁寧にありがとうございます。」や「お忙しい中お越しいただきありがとうございます。」などがあります。仲の良い友人と対面する場合は、もう少し楽に話しても問題ありません。友人と話す場合も、参列への感謝は述べるようにしましょう。

 

また、香典受け取りを担当する方もお悔やみの言葉を頂くことがあります。多くの場合、香典を渡す際にお悔やみの言葉を伝えます。その場合も丁寧に返事をするようにしましょう。「恐れ入ります。」など簡潔に返事をすると良いでしょう。

電話での返事の仕方

身近な人が亡くなった場合には、まず家族や親族に連絡をします。その後に、会社関係者の方や友人など親族以外の方にも電話で連絡をする必要があります。電話で連絡をした場合には、口頭でお悔やみの言葉を頂くことが多いです。

 

電話でお悔やみの言葉を頂いた際には、お悔やみの言葉に対する感謝を述べるようにしましょう。具体的には、「恐れ入ります。」や「お気遣いいただきありがとうございます。」などと述べると良いでしょう。

 

電話で連絡する場合には葬儀の日時などを口頭で聞かれることもあるため、葬儀の日時と場所が分かるメモを手元に置いておくと安心です。また電話を切る際には、静かに切ることに注意しておきましょう。

メールでの返信の仕方

訃報を連絡する場合には、まず電話で連絡をとります。電話で連絡が取れなかった場合や相手の都合が悪い場合にはメールで訃報を伝えることがあります。訃報の返事をメールで頂いた場合、お悔やみの言葉をメールで返信します。

 

メールでの返信は、件名と本文があります。件名には「お気遣いいただきありがとうございます。」や「御弔意感謝いたします。」などと書き、件名はメールの内容が伝わるようにしましょう。メールの本文は以下のような例文があります。

 

「この度は、お気遣いいただきありがとうございます。おかげさまで葬儀を無事終了することができました。この度はご迷惑をおかけして申し訳ございません。○○より出社させていただきますので、よろしくお願いいたします。」

 

メールの言葉遣いは、送信する相手によって使い分けをしましょう。友人や会社の同僚の場合は、最低限のマナーを守りつつ自由に書いても良いですが、取引先の相手や上司の場合には丁寧な文章を書くように心がけましょう。また、メールで送る場合は紙に一度書き起こしてみると、丁寧な文章を書くことができます。

お悔やみの言葉の伝え方

ここまでお悔やみの言葉を頂いた場合の返事の仕方についてご紹介してきましたが、訃報を受け取った側はどのようにお悔やみの言葉を伝えると良いのでしょうか。ここでは、お悔やみの言葉の文例を場面別にご紹介していきます。

対面でのお悔やみの言葉の伝え方

葬儀に参列した場合には、2回ほどお悔やみの言葉を伝える機会があります。葬儀の会場に着いたらまず受付に行きます。受付を済ませたら、香典を渡します。香典を渡す際に、一般的にお悔やみの言葉を一言添えて渡します。お悔やみの言葉は、「ご愁傷様です。」や「お悔やみ申し上げます。」など簡潔に済ませましょう。

 

会場で喪主やご遺族の方とあった場合にも、お悔やみの言葉を伝えます。お悔やみの言葉は、「お悔やみ申し上げます。」や「この度はご愁傷様です。」などと伝えましょう。交友が深い場合は、「突然のことで大変ですね。どうか気を落とさないで。」など寄り添う言葉を伝えるとよいでしょう。

 

また、お悔やみの言葉を伝える際には声のトーンに注意しましょう。ご遺族は大切な方を亡くされて深く悲しみを感じています。そのため、普段より声のトーンを落として話すようにしましょう。お悔やみの言葉を伝える際には、末尾は聞こえない程度の大きさでもよいです。

電話でのお悔やみの言葉の伝え方

故人と親しい関係にある方や会社の上司である場合には、すぐに訃報を受け取る場合はあります。多くの場合は、電話で訃報を受け取るためその場でお悔やみの言葉を伝えます。お悔やみの言葉を伝える場合には、「ご愁傷様です。」などと述べるようにしましょう。合わせて訃報を伝えてくれたことへの感謝も述べるとよいでしょう。

 

注意すべき点として、故人の死因などは尋ねないようにしましょう。悲しみに暮れている中で訃報の連絡をしているご遺族の方に配慮することが大事です。また、訃報の連絡を受け取る際に葬儀の日時と会場を聞いておくと良いでしょう。突然の連絡なので準備はできませんが、手元にメモ帳を用意できる場合は用意します。

 

電話を切る際には、改めて訃報を伝えてくれたことに対する感謝を伝えてから切るようにしましょう。電話を切るタイミングは、ご遺族の方が切るのを待ってから切ります。受話器の場合は、静かに置くようにしましょう。

お悔やみの言葉や訃報はメールで伝えてよいのか

お悔やみの言葉を伝える場面として、葬儀の会場で対面する場合と電話で訃報を受け取った場合についてご紹介してきました。しかし、訃報はいつ届くものかわからないためにご遺族と自身の都合が合わない場合があります。

 

都合が合わない場合の連絡手段として、メールを使うことができます。ここでは、メールでのお悔やみの言葉についてご紹介していきます。

メールで連絡しても良い

お悔やみの言葉を伝える際にメールを使うことは可能です。ご遺族は葬儀の準備や周知をするため、連絡を取る時間がない場合があります。電話での連絡ができなかった場合や、メールで連絡を頂いた場合は、メールで連絡するようにしましょう。

 

メールで連絡をする場合には、いくつか注意点があります。まず注意すべき点として、一度文章を文字に起こしてみることがあげられます。お悔やみのメールは、言葉選びを間違えると相手を傷つけてしまうことがあります。そのため、一度落ち着いて文章を考えることが大切です。

 

また葬儀に関わる場面では、使ってはいけない忌み言葉というものがあります。忌み言葉とは、繰り返しを表す「たびたび」や「重ね重ね」、死に関する言葉などがあります。メールで連絡する場合には、このような忌み言葉を使わないようにしましょう。

 

メール本文を書き終えた際は、メール末尾に「返信不要」の旨をつけて締めると良いでしょう。ご遺族は、葬儀を終えるまで悲しみに暮れる中で忙しく動いています。ご遺族への気遣いを込めて、返信不要の旨を伝えておくととても丁寧です。

お悔やみメールを送信するタイミング

お悔やみメールは、どのタイミングで送るのが適切なのでしょうか。お悔やみメールは連絡を頂いたタイミングで返信をして構いません。しかし、メールに気づいた時間が夜遅い場合は、翌日の午前中に返信するなど時間をずらして返信します。

 

メールに気づかずに埋もれていた場合には、返信が遅くなったお詫びを併せて伝えるようにしましょう。メールでのお悔やみの言葉をする場合には、一般的なメールのマナーを守ることを意識しておくと良いでしょう。

お悔やみメールの返信の例文

上記では、メールでの返信する場合に注意すべきことについてご紹介しました。ここでは、実際にメールで返信する場合の例文をご紹介します。お悔やみの言葉は形式的になってしまうことが多いです。

 

ご自身でメールを考える場合には、ウェブサイトや本の例文を参考にしながら自分の言葉で書きましょう。

友人にお悔やみメールの返信をする場合

友人に送る場合は、件名は「お悔やみ申し上げます。」などメールの内容が分かる件名にするように意識しましょう。メールの本文の例文は以下のようになります。

 

「この度は、○○(亡くなられた方)のご逝去につきまして心からお悔やみ申し上げます。突然の訃報に触れ、驚いています。どうか体を大事にして、私にできることがあれば連絡してください。改めてご冥福をお祈りいたします。」

 

友人にメールを送る場合でも、お悔やみメールの場合には丁寧な言葉を使うようにしましょう。また、メールの文章はできるだけ簡潔になるようにします。お悔やみの言葉は長くなってしまいがちですが、段落分けなどをして読みやすい文章を心がけましょう。

会社や上司にお悔やみメールの返信をする場合

会社の方や取引先の方にメールを送る際の件名は、「○○会社の○○(担当)○○(名前)より、お悔やみ申し上げます」とします。件名には、誰から送られてきたのかわかるように名前を入れておきます。メール本文の例文は、以下のようになります。

 

「○○様(送る相手の会社名と名前)

 

この度の訃報に際し、心より謹んで哀悼の意を表します。

本来であれば、直接弔問してお伝えすべきところ、略儀ながらメールにて失礼いたします。○○様のご心痛を思うと胸が苦しくなりますが、どうか御身体をご自愛下さい。改めて、心よりご冥福をお祈りいたします。」

 

会社や取引先の方にお悔やみメールを送信する際には、友人よりも硬い表現を使って文章を考えましょう。また、この場合もできるだけ簡潔な文章を意識します。

英語でお悔やみの言葉と返事を伝える場合

お悔やみの言葉を伝える際に、英語で伝えることはあまりありませんが、英語ではどのように伝えることができるのでしょうか。いざという時のために事前に確認しておきましょう。ここでは、お悔やみの言葉を英語で伝える場合と英語での返事の仕方についてご紹介します。

お悔やみの言葉を英語で伝える

お悔やみの言葉を英語で伝えるには、難しい単語を使う必要はありません。一番聞きなれた言葉でお悔やみの言葉を表すと、「I'm so sorry.」で表すことができます。

 

sorryには謝罪の意味もありますが、「残念に思う」という意味もあります。そのため、I'm so sorry.でお悔やみを伝えることができます。その他にも「I don't know mhat to say.」や「My condolences to you.」のようにつたえることができます。

 

突然の連絡で動揺するなか英語で伝えることは難しいですが、事前にいくつか知っておくと英語でも伝えられることができます。condolences(お悔やみ)は葬儀全般で使うことができる単語なので、覚えておくと便利です。

お悔やみに対する返事を英語でする

友人や関係者に外国の方がいる場合は、英語でお悔やみの言葉をもらうことがあります。お悔やみの言葉に対して英語で返事をする場合にも、簡単な英語で表現をすることができます。

 

英語でのお悔やみの言葉に対する返事には、「Thank you for your kindness.」と表すことができます。一番シンプルな表現は、「Thank you.」です。英語でも日本語と同様に簡潔に返事をすることを意識しましょう。

 

形式的な表現はもちろん存在しますが、簡単な表現を一つ覚えておくといざというときに使えるため便利です。また英語でお悔やみの言葉を頂いた場合でも、お礼を述べることを覚えておけば返事をすることができるでしょう。

お悔やみの言葉と返事についてまとめ

いかがでしたか。今回は、葬儀でお悔やみの言葉とその返事についてご紹介していきました。お悔やみの言葉は相手を気遣う気持ちが込められており、適切なマナーで伝えなければ相手を傷つけてしまうことがあります。また、お悔やみの言葉を頂いた際は、お悔やみの言葉に対する感謝を述べることを忘れないようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ